自社カードによる「お得意さま」育成とTポイントを活用した新規顧客獲得に取り組む

(株)ファミリーマート

(株)ファミリーマートでは、「ファミマTカード」の会員情報とPOSデータを連携させた「ロイヤルカスタマー優遇システム」により、「お得意さま」との関係を強化。また、4,229万人の会員を抱えるTポイントの基盤を活用して、新規顧客の獲得を図っている。

Tポイントアライアンスに加盟し汎用性の高いサービスを展開

 (株)ファミリーマートは現在、国内に9,160店、海外に1万2,419店、計2万1,579店を展開(2012年10月末現在)。お弁当やスイーツ、飲料などの商品はもちろん、物販以外にも銀行ATMや公共料金などの収納代行、マルチメディア端末「Famiポート」を利用したチケット発券といった各種サービスを提供している。
 会員サービスにも力を入れ、2002年に「ユピカード」、2004年に「ファミマカード」を発行。自社の会員基盤を中心に、ポイントや割引、クレジットカード機能を活用したサービスを展開してきたが、より汎用性の高いサービスを行うことを目的に2007年11月からはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)(CCC)と提携し、Tポイントサービスが受けられる「ファミマTカード」を発行している。
 CCCのTポイントは、2012年10月末現在、日本の人口の3割に当たる4,229万人の会員数を誇る。これは直近1年間にTカードを利用したアクティブな会員で、かつ複数枚保持している会員を名寄せして1人としてカウントした数で、累計発行枚数ではすでに1億3,000万枚を超えている。また、Tポイント提携企業は91社、4万9,734店と、幅広い業種・業態で利用できるのが特徴だ。
 現在、「ファミマTカード」の会員数は約472万人で、そのうちクレジット機能付きが約212万人。18歳以上は基本的にクレジット機能付きカードへの入会が必要だ。
 ファミリーマートでの利用では、カードをレジで提示するだけで、Tポイントが100円につき1ポイント貯まるほか、「今お得」のショーカードの付いた商品を会員限定特別価格で購入することができる。さらに、毎週火・土曜日は「カードの日」としてショッピングポイントが2倍、毎月20日は「おとなの日」として50歳以上を対象にショッピングポイントが2倍などのサービスを実施。蓄積したポイントは1ポイント=1円としてファミリーマートやTポイント提携店舗で利用が可能だ。

1301C41 1301C42

現在、約472 万人の会員を擁する「ファミマTカード」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年1月号の記事