元祖店頭キャラクター 不二家「ペコちゃん」

不二家「ペコちゃん」

1950 年に銀座でデビュー

 小さな子どもからお年寄りまで、誰もが知っているカンパニー・キャラクターと言えば、文句なくその筆頭に挙げられるのが、不二家の「ペコちゃん」である。ペロっと舌を出したぷっくりほっぺたの顔立ちも愛くるしいキャラクターだ。
 「ペコちゃん」の歴史は古い。はじめて登場したのは、1950 年。不二家はそれまで、集客のために銀座の店頭でゴム風船を配っていたが、当時の社長、藤井誠司氏はそれに代わるモノを思案していた。そしてある時、日本劇場の舞台に出ている張り子を見て「ああいう人形を店頭におけば、何かおどけた印象で人の目を引きやすいのでは……」と考えついたのである。さっそく張り子の人形が作られ、店頭にお目見えした。「ペコちゃん」の誕生である。紙でできた首振りの張り子のため、よく壊れたが、不二家ではそのたびに修理を重ね、やがてこれが評判になっていく。
 そして1951 年に発売された「ミルキー」のパッケージにも「ペコちゃん」は登場。翌年「ミルキーはママの味」というキャッチフレーズとともに全国デビューを果たした。「ペコちゃん」のボーイフレンド、「ポコちゃん」が誕生したのもこの時である。一方、張り子人形の「ペコちゃん」は1956 年に第1 次南極観測隊とともに南極へと渡り、これが話題になったことから、「ペコちゃん」の知名度はますます上がった。こうして「不二家と言えばペコちゃん」というイメージは確実に定着していった。
 ところで「ペコちゃん」と「ポコちゃん」、名前も顔も良く知られているこの2 人だが、名前の由来や年齢などをご存じだろうか。「ペコ」は子牛のことを指す「べこ」から、「ポコ」は幼児を指す「ぼこ」からの命名である。「べこ」「ぼこ」をちょっと西洋風にアレンジして「ペコ」「ポコ」となった。この名前は、もともと商品名として使用することを考え、1930 年代からあたためていたものだと言うから、「ペコちゃん」「ポコちゃん」への思い入れの深さを感じずにはいられない。「ペコちゃん」がまず、練乳をたっぷり使った「ミルキー」の商品キャラクターとして採用されたのには「子牛」→「べこ」→「ペコ」という必然的な理由があった。年齢は、「ペコちゃん」が、永遠に6 歳。「ポコちゃん」が永遠に7歳である。これは、1958 年9 月から11 月にかけて「ペコちゃんいくつ?」キャンペーンを展開し、決定した。このキャンペーンに166 万 の応募があったことからも当時の人気ぶりがうかがえる。「ポコちゃん」の年齢もその時に決まったと言われているが、定かではない。

現在活躍中の「ペコちゃん」「ポコちゃん」 現在活躍中の「ペコちゃん」「ポコちゃん」

現在活躍中の「ペコちゃん」「ポコちゃん」

“ミルキー”のパッケージの変遷。左から1951 年〜64 年頃、68 年頃、85 年頃のもの

“ミルキー”のパッケージの変遷。左から1951 年〜64 年頃、68 年頃、85 年頃のもの

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年2月号の記事