大人気を博し、ブランドイメージを確立 日本ペプシコーラ社「ペプシマン」

日本ペプシコーラ社「ペプシマン」

「ペプシマン」は「ペプシコーラ」そのもの

 時は1996 年。NASA は意志を持った宇宙金属の開発に取り組んでいた。ある時、たまたま研究員が飲んでいたペプシコーラの缶のロゴと宇宙金属が融合。そして誕生したのが、ペプシ・スピリッツに象徴されるチャレンジ精神、ユーモアのセンスをそのままに受け継いだペプシコーラの化身「ペプシマン」だったのである。
 ペプシマンは、ペプシでなければ癒せない、のどの渇きを訴える人々を救済するために現れた、アメリカ生まれのハイテク・スーパー・ヒーロー。その生体組成は超合金流体金属の特殊生命体だ。ペプシコーラを渇望する人がいれば、どこからともなく現れ、ペプシコーラを振る舞って去っていく。ペプシマンの活躍ぶりは人々に夢と興奮を与えてくれる。しかし、このかっこよさが15 秒以上続かないことが唯一の欠点。去っていく場面では、必ず失態を演じていることは、すでに周知の通りである。

日本ペプシコーラ社の今年のカレンダー。ここでも「ペプシマン」は大活躍

日本ペプシコーラ社の今年のカレンダー。ここでも「ペプシマン」は大活躍

 思わず吹き出してしまうペプシマンのテレビCM を見ていると、アメリカで放映されているものをそのまま日本に持ち込んだかのように思ってしまうが、実はこのペプシマン、日本ペプシコーラ社が独自に開発したキャラクターである。同社では、かっこいいだけではなく人に愛されるキャラクターを目指して、キャラクター作りに取り組んだ。CG 化は「スターウォーズ」や「ジュラシック・パーク」などの特殊映像技術を駆使した数多くの映画制作を手がけたことで知られるアメリカの映像制作会社、I.L.M.(Industrial Light+Magic)。同社の精巧なCG 技術により、ペプシマンのメタリックな質感とスピーディーな身のこなしをリアルに表現することに成功したのである。CG 制作では、人間味のある表情や動きを作り出すことに最も苦労し、多大なる時間と労力を費やしたという。
 日本国内におけるペプシコーラのシェアはまだまだ低い。そこで同社では、「コーラは赤」というこれまでの根強いイメージを崩し、ペプシコーラの認知度を高める方法として、ペプシコーラのブランドイメージを象徴するキャラクター「ペプシマン」を誕生させたのである。世界的に統一されているペプシコーラのブランドイメージを核にしたキャラクター作りに、見事に成功している。
 同社では、ペプシマンの持つ「おちゃめ」「スピード感」「クール」「未来的」「先進的」「チャレンジング」というイメージを、ペプシコーラそのもののイメージとして一般生活者に認識してもらうことができれば、と考えている。ペプシマンのイメージがそのままペプシコーラのイメージとなり、最終的には日本ペプシコーラ社のイメージへとつながっていくことを期待しているのだ。
 ところで、ペプシマンには顔がないことにお気づきだろうか。同社では、顔があることで生まれる余分な先入観をなくすため、あえて顔は作らなかったという。たとえば窓枠に額をぶつけた時の痛がる表情などを作り込んでしまえば、視聴者の心にはその表情が強烈に残ってしまうだろう。そのイメージが本来のペプシマンのイメージとすり変わってしまうことを危惧したのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年2月号の記事