分かりやすい昇級システムと権限委譲でやる気を生む

(株)ドン・キホーテ

フリーターを含めた20代中心のパートタイマーからいかに“やる気”を引き出すか。これは、店舗経営の重要な課題である。創成期はパートが従業員の8割を占めていたというドン・キホーテに、従業員のやる気を引き出すノウハウを聞いた。

深夜営業で急成長 パートも売り場作り

 高く積み上げられた商品の数々。「ドンドンドン、ドンキー」という、あのおなじみのテーマソング。深夜も絶えることがない客足。そんなドン・キホーテの光景は、着実に日本の夜に定着しつつある。
 ほかの小売店が軒並み不況にあえぐなか、同社は2002年6月期で132億円の売上高を達成、過去最高記録を更新した。最長で24時間、大多数の店舗で深夜2時~早朝6時まで営業し、豊富な商品をディスカウント価格で販売するという新業態は、首都圏のほか、北海道や福岡といった地方の大都市で顧客をつかむことに成功し、その店舗数は30店を超えた。
 同社の売上高を支える大切な要素のひとつが売り場作りだが、同社ではこの売り場作りを正社員ではない時間勤務のメイト(パートおよびアルバイト)に積極的に任せている。店舗には、商品特性によって7つのグループがあり、例えば食品グループならその中にドリンク部門、菓子部門などがある。その各部門の売り場作りを、実務等級が平均以上のレベルに達したメイトに任せているのだ。平均レベルというのは、図表でいうC3の等級だ。同社ではC以上の等級になると、発注権限を与えている。
 グループの売り場全体を任されている責任者にもメイトがいる。時間給で働いていながら、いわば商店主のようなものである。
 「やりがいを感じる人には、権限を委譲し、小さな商店主として仕入れ、商品管理、売り場作りを任せています」(第一営業本部マネージャー 宮田信明氏)。もちろん、仕入れにはPOSの分析結果を反映させているだろうが、コンピュータ管理が徹底しているFC方式のコンビニエンスストアよりも、より“人”が持つ裁量が大きいと言えないだろうか。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年11月号の記事