当サイトについて

当サイトは、月刊『アイ・エム・プレス』をはじめ、(株)アイ・エム・プレスがこれまでに発行した出版物に掲載されたインタラクティブ・マーケティングにかかわる記事の一部を公開することで、広く皆さまにお役立ていただくことを狙いに開設したものです。まずは、月刊『アイ・エム・プレス』に掲載された記事の一部を無料で、創刊準備号から順次、公開していきます。弊社がこれまでに発行した出版物の概要や、当サイト編集長/元・月刊『アイ・エム・プレス』発行人である西村道子コラムも公開しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

月刊『アイ・エム・プレス』とは?

写真

月刊『アイ・エム・プレス』は、(株)アイ・エム・プレスが1995年から2014年まで、足掛け20年間にわたり発行してきた、インタラクティブ・マーケティングにかかわる専門誌です。1995年9月発行の創刊準備号に続き、1995年11月には創刊号を発行。以降、最初の1年は隔月で発行してきましたが、2年目からは月刊に移行し、創刊準備号(0号)から通算216号目となる2014年3月25日号をもって発行を終了いたしました。

アーカイブで公開される記事は?

当サイトは、月刊『アイ・エム・プレス』の発行終了から1年が経過した2015年3月25日に開設したもので、まずは読者アンケートで人気を博していた、各号の特集企画内の「ケーススタディ」、およびコールセンターの取材記事である「コンタクトセンター最前線」(旧名称「通信ネットワーク最前線」)など「企業事例」形式の記事を、創刊準備号から順に無料公開していきます。その他の記事や出版物につきましては、今後、当サイトへの皆さまの評価をお伺いしながら、公開を検討してまいります。

【特集企画内のケーススタディのサンプル】

写真

【コンタクトセンター最前線のサンプル】

写真

アーカイブの活用方法は?

当サイトは、ダイレクトマーケティング、CRM(Customer Relationship Management)、コールセンターにおけるVOC(Voice of Customer)活動など、インタラクティブ・マーケティングに興味をお持ちの経営者やマーケティング担当者、顧客サービス担当者、および研究者の方々によるご利用を想定しております。右側上部の「キーワード検索」に加え、14種類のテーマを軸にした「テーマ別にみる」、出版物への掲載時期を軸にした「年月別にみる」を利用して、アーカイブの中から次のようなコンテンツを探し出すことができます。

【アーカイブの活用例】

写真

当サイト編集長「西村道子コラム」とは?

「西村道子コラム」のコーナーでは、当サイト編集長/元・月刊『アイ・エム・プレス』発行人 西村道子が、”インタラクティブ・マーケティングのキュレーター”として、あるいは1人の生活者として、取材や日々の体験に基づき執筆したコラムを公開しています。月刊『アイ・エム・プレス』を創刊した1995年から、さらには前職のリサーチャー時代からの経験と実績に基づき、アーカイブに掲載された個々のコンテンツをつなぐ文脈を紐解くと同時に、自然・街・店・人との新たな出会いから、時代のトレンドを切り取っていきます。

※西村道子が2005年1月から掲載してきたブログ「通勤電車」も当サイトに合体しました。

「出版物」に掲載されているコンテンツは?

当サイトの「出版物」のコーナーには、(株)アイ・エム・プレスがこれまでに発行してきた、下記の出版物の概要・目次が掲載されています。

※これらの出版物のうち在庫のあるものは、Amazon.co.jpで販売しております。
※一部の出版物は、国立国会図書館日本能率協会総合研究所MDセンターほか、大学の図書館などで閲覧することができます。詳細は各所にお問い合わせください。

【 取材にご協力いただいた皆さまへ 】

当サイトでは、月刊『アイ・エム・プレス』に掲載された記事を、手を加えずにそのまま公開することを主旨としております。掲載後、社名を変更された企業などもあるかと思いますが、あくまでも過去の記事のアーカイブという特性上、旧社名のままでの掲載をお許しいただければ幸いです。なお、記事の削除を希望される場合は、お手数ですが、(株)アイ・エム・プレスまでご連絡ください。

【 当サイトの記事転載に当たってのお願い 】
当サイトのコンテンツの引用・転載に当たっては、あらかじめこちらからお問い合わせください。