「創業者の思い」を出発点に“理念経営”を実践

ワタミ(株)

グループとして外食、介護など幅広い事業を展開するワタミ(株)では、創業以来、創業者である渡邉美樹氏の「思い」を出発点とした経営理念体系に基づく“理念経営”を実践。ビジネスの実地体験を通じて得られた知見や考え方を経営理念に昇華し、充実した教育体制を通じて全従業員に浸透させている。

実地体験を通じて得られた知見や考え方を経営理念体系として明文化

 1984年4月に創業し、現在では、国内外での外食、介護、宅食(食の宅配サービス)、MD(食のマーチャンダイジング)、農業、環境などの事業を展開するワタミグループの中核的存在として事業を展開するワタミ(株)。同社では創業以来、創業者である渡邉美樹氏(現・取締役会長)の「思い」を出発点とした経営理念体系に基づく“理念経営”を実践している。
 外食事業からスタートした同社では、創業当初から経営目的を「一人でも多くのお客様にあらゆる出会いとふれあいの場と安らぎの空間を提供すること」と定めていたが、これは渡邉氏が創業前に行った北半球一周旅行での体験から生まれたものである。その後、さまざまなかたちで整備されていった同社の経営理念体系も、同様に、机の上で考えられたものではなく、ビジネスを展開する上での実地体験を通じて得られた知見や考え方を明文化したものとなっている。
 同社の経営理念体系の大きな特徴は、その膨大な種類や分量だ。代表的なものだけでも、例えば「スローガン」「ミッション」「経営目的」「合言葉」「憲章」「グループ社員としての行動基準」「グループ社員の仕事に対する心構え」など多岐にわたっている。そのほか、渡邉氏が月1回発行のグループ報『体の重い亀』などを通じて社員へ贈り続けたメッセージを元に、グループ社員が常に立ち返って共有すべき価値観・使命感を日々の現場の事例に即してまとめたものなどが、380ページにも及ぶ『ワタミグループ理念集』として編さんされており、6,000人近くに及ぶグループの全社員に配布されている。
 組織の拡大によって、創業者の「思い」が薄れていき、単に営利を追求する集団になってはならない。同社が経営理念体系を整備していった経緯には、このような考え方があると言えるだろう。

●ワタミグループスローガン
 「地球上で一番たくさんの“ありがとう”を集めるグループになろう」
●ワタミグループミッション
 「地球人類の人間性向上のためのよりよい環境をつくり、よりよいきっかけを提供すること」

1209C22

全社員に配布されている380 ページにも及ぶワタミグループの理念集

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年9月号の記事