消費者との共同開発から新しいフレーバーが誕生

カルピス(株)

1917年の創業以来、“健康”を企業活動の大きなテーマに、お客さまの“からだの健康”にとどまらず、おいしさによってもたらされる“心の健康”に役立つことを企業理念にしてきたカルピス(株)。同社商品の愛飲者との絆を深める目的で始めたプロジェクトを通して、ユーザーとの共同開発による新商品が誕生した。国内の清涼飲料業界では初の試みとなる、そのプロセスを紹介する。

SNSユーザーとの共同開発

 2007年に創業90周年を迎えたのを機に、新・企業スローガン「カラダにピース CALPIS」を掲げるカルピス(株)。1917年(大正6年)の創業以来、“健康”を企業活動の大きなテーマに、“からだの健康”だけではなく、おいしさによってもたらされる笑顔が象徴するような“心の健康”も含め、「健康価値創造企業」を目指している。
 飲料業界では“老舗”である同社が、最も大切に考えているのが、消費者との“絆”である。乳酸菌飲料「カルピス」という同社商品に親しんでいる愛飲者に商品開発のプロセスに参加してもらうことで喜びをともに味わい、絆を深められたらと、同社の飲料事業部スタッフが消費者参加型の商品開発を発案。2008年5月7日~8月31日までの4カ月間にわたり、(株)ミクシィが運営するソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)『mixi』に公認コミュニティを開設し、実際の飲料開発のプロセスに則して「フルーツカルピス®開発プロジェクト」を展開した。具体的には、「フルーツカルピス」の新しいフレーバーやキャッチフレーズ、パッケージデザインのアイデアをコミュニティのトピックに自由に書き込んでもらい、アイデアが出揃ったところで、コミュニティのメンバーに投票してもらうかたち。国内最大手のSNSで、清涼飲料では初めて消費者と共同開発した新製品を発売することで、乳性果汁飲料の定番となっている同社の「フルーツカルピス」のブランド強化を図る狙いもあった。
 この「フルーツカルピス」は、「カルピス」とフルーツの組み合わせが織り成す独自のおいしさが楽しめる乳性果汁飲料シリーズとして、幅広い層の生活者から支持されている商品で、プロジェクト開設当初のラインナップは、2月に発売した“桃”、5月に発売した“ゴールデンパイン”の2アイテム。2008年1~9月の販売数量は前年比8割増と好調に推移している。
 プロジェクトの告知を同社Webサイトや『mixi』サイト上でのバナー広告、同社商品のパッケージ上などで行ってきた結果、フレーバーについては700件、キャッチフレーズについても160件を超えるアイデアが寄せられ、その後に行われたメンバーの投票や、後述する限定試飲会での意見をもとに新たなラインナップを開発。この11月17日から全国販売を行っている。価格は500ミリリットル入りペットボトルが147円、1.5リットル入りペットボトルが347円(ともに税込)。

0901C2-1

「mixi」公認コミュニティ「フルーツカルピス 開発プロジェクト」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年1月号の記事