使い勝手を重視した独自仕様のタブレット端末でアドバイザーを支援

明治安田生命保険(株)

生保業界では大手を中心に、営業活動の支援を目的としたタブレット導入が相次いでいる。明治安田生命保険(相)では2013年9月から、独自仕様の専用タブレット端末3万台を導入し、本格運用を開始。タブレット端末としては大きめの12.1インチの液晶画面や高速モバイル通信機能を採用するなど使い勝手を重視している。

生保業界で以前から広く利用されてきた業務システム

 生保大手の明治安田生命保険(相)は2013年9月から、独自仕様のタブレット端末「マイスターモバイル」の本格運用をスタート。全国で活躍する約3万人の営業担当者「MYライフプランアドバイザー」(以下、アドバイザー)に、1台ずつ端末を提供した。
 生保業界では以前から、営業担当者向けの業務システムが広く利用されてきた。その機能は多岐にわたるが、基本的な機能は、営業担当者が契約を検討するお客さまと商談をする際に必要になる保障額のシミュレーションや商品プランの作成などである。家族構成や年収、住宅が持ち家か賃貸かといった条件から、教育費、ローン返済額、老後のための貯蓄など必要な生活資金を積み上げ、世帯の稼ぎ手が亡くなった時点で必要な保障額を試算。シミュレーション結果を受け、月々の保険料など提案プランを作成するわけだ。
 ここ数年は、営業担当者がシステムにアクセスする際に使うデバイスを、ノートパソコンからタブレット端末に切り替えるケースが相次いでいる。外出先での利用を想定し、携帯しやすさが重視されているためだ。
 同社では、アドバイザーを支援する業務システムの運用を1997年に開始。当初はノートパソコン端末を採用、その後はノートパソコンの機種入れ替えのタイミングで機能を拡充する“モデルチェンジ”を繰り返してきた。そして3回目のモデルチェンジとなる今回、初めて、タブレット端末を採用することになった。
 こうした業務システムは、営業成績や業務効率に大きく影響するとの認識から、使用する端末や提供する機能などの仕様の決定は、営業現場の要望や経営的な判断を反映しながら慎重に進めてきた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年11月号の記事