新商品のサンプリング企画を「Yahoo! JAPAN」で告知し新規顧客獲得に成果

(株)ダイエー

(株)ダイエーは、新規顧客の獲得や売り場の活性化を狙い、ソフトバンクグループが提供するソリューションを活用。店頭で実施するキャンペーンを、ポータルサイトの「Yahoo!JAPAN」で広く告知し、ネットからの応募者に、抽選で全国の店舗で使えるクーポンをプレゼントしている。

2010年の「たまチケ」をきっかけに電子クーポン発行サービスを開始

 スマートフォンの爆発的な普及などによりインターネットのインフラ化が急速に進んでいることを背景に、生活者の情報収集手段や購買行動が変化していることに対応して、(株)ダイエーは、新たな販売促進手段として、O2Oの取り組みを強化している。
 同社は2010年、福岡県内の複数の民間企業が、福岡県および福岡市の支援を得て、経済産業省からの事業委託として取り組む「ITとサービスの融合による新市場創出促進事業」の一環で実施した実験検証「福岡eタウンプロジェクト たまチケ」(以下、たまチケ)に参加し、Webチャネルから店舗への送客を図るO2Oの本格的な取り組みを開始させた。
 たまチケは、電子チケット/クーポンを利用することによる経済への波及効果や、顧客の回遊行動を調査・解析し、地域活性化の取り組みに寄与するモデルを構築することを目的とした実験検証。同社は、たまチケ登録会員がネットメディアを通じて獲得した「商品プレゼント」などの電子クーポンを、店内で発行・使用してもらうというサービスを試験的に実施した結果、提供したクーポンのうち半分程度が、登録会員によって店頭で実際に発行・使用され、新規顧客の獲得にも一定の成果を収めたという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年5月号の記事