“ランナーのランナーによるランナーのためのランニング・コミュニティー”を運営

アディダス ジャパン(株)

アディダスジャパン(株)は2008年2月、「アディダス ランニング共和国」を設立。Webサイトとリアル拠点の連携により、ランニング初心者からエリートランナーまでのあらゆる層のランナーを対象にさまざまなサポートを提供し、ランニングに対する意欲・興味の継続を図っている。

コミュニティーを通じてあらゆる層のランナーを対象とするサポートを提供

 三本線のロゴで知られる世界的なスポーツ用品メーカー、アディダス社の日本法人として1998年に設立されたアディダスジャパン(株)は、2008年2月、“ランナーのランナーによるランナーのためのランニング・コミュニティー”として「アディダス ランニング共和国」を設立。Webサイトとリアル拠点の連携により、ランニング初心者から全国レベルの競技会に参加するエリートランナーまでのあらゆる層のランナーを対象とする各種サポートを提供している。
 「アディダス ランニング共和国」では、特に参加資格などは設けておらず、Webサイト上でメールアドレスとパスワード、ニックネーム、活動エリアなどを登録することにより、誰でも“国民”になることができる。“国民”になるとマイページで自らのランニングに関する目標管理ができるほか、Webサイト上に用意されている「共和国ランナーQ&A」(ランニングに関する質問・回答コミュニティー)、「ランニング検定」などのコンテンツの利用が可能となる。また、日本全国の同社製品の取扱店舗を拠点に定期開催しているランニングクラブや、同社が“皇居ランナー”の活動拠点として2010年2月から東京都千代田区平河町で運営している「adidas RUNBASE」をベースとする「RUNBASEランニングクリニック」などのランニング・イベントにも参加することができる。
 同社が「アディダス ランニング共和国」を設立した最大の目的は、2007年に東京マラソンがスタートしたことを契機にランニングブームが盛り上がる中で、恒常的にランナーをサポートする仕組みを用意して、ブームを一過性のもので終わらせないようにすることだ。例えば、東京マラソンには毎年多くの参加申し込みがあるが、実際に参加できるのは抽選に当選した人などごく一部であり、ランナーが東京マラソンへの参加だけをモチベーションにランニングを継続することは難しい。また、ランニングは基本的に1人で行うスポーツであるが、日常的なトレーニングまで1人で行っていると、孤独感から徐々に走る意欲を失っていくことも考えられる。その中で「アディダス ランニング共和国」では、Webサイトやリアルなイベントなどを通じて、ランナーに連帯感と日常的な“仲間と走る”機会を提供することで、ランナーのランニングに対する意欲・興味の継続をサポートしているわけだ。
 ランニングシューズを中心とするランニング用品を提供するメーカーとしては日本では後発に位置する同社には、このような取り組みを通じてランニング用品分野でのブランドを確立したいという思いももちろんある。しかし「アディダス ランニング共和国」においては、ランニング市場全体の活性化に主眼が置かれ、少なくとも現状では自社製品の拡販の場とはしていない。実際に、“国民”の登録に当たっても同社製品の使用は条件になっておらず、また、Webサイトによる通信販売なども行っていない。本来的な意味での生活者参加型のコミュニティーとしての運営が貫かれていると言えるだろう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年4月号の記事