来店促進を主目的に複数アカウントを運用

(株)キタムラ

カメラ・プリント専門店「カメラのキタムラ」やこども写真館「スタジオマリオ」などを展開する(株)キタムラでは、2009年5月からTwitterの活用を開始。公式アカウントのほか、カメラ情報・口コミサイト、Twitter上のカメラ・写真に関するツイートの自動収集サイトも運用し、さらに店舗独自アカウントの試験運用にも着手している。

主目的はリアル店舗への来店促進

 “デジタル時代の写真生活提案企業”を目指し、カメラ・プリント専門店「カメラのキタムラ」やこども写真館「スタジオマリオ」などを展開する(株)キタムラ。同社では、2009年3月にTwitterのアカウントを取得し、同5月から活用を開始した。
 同社におけるTwitter活用の主な目的は、来店促進だ。同社では、カメラなどのネット販売を行う「ネットショップ」や写真プリントをネット上で受け付ける「ネットプリント」などの事業も展開しているが、基本は専業ならではのノウハウを生かしたアドバイスやコンサルティングできる店頭販売にほかならない。実際に「ネットショップ」や「ネットプリント」でも店頭渡しが多くの比重を占めるなど、店舗を軸としたマルチチャネル化を推進している。
 同社では、10年以上前からメールマガジンの配信を行うなど、インターネットを活用した来店促進にも積極的に取り組んでおり、Twitterの活用もその一環として考えられた。
 2009年12月現在、同社がTwitter上で運用しているアカウントは、基本的に公式企業アカウントである「camera_kitamura」とカメラ情報・口コミサイト「cameranavi」の2種類。それ以外でもTwitter上のカメラ・写真に関するツイート(つぶやき)を自動収集するポータルサイト「Twica」を運用するほか、岡崎・伊賀店、浜松・柳通り店、富山・中川原店などの5店舗が、店舗独自のアカウントを試験的に運用している。
 フォロワー数は「camera_kitamura」が約2,700、「cameranavi」が約600であり、いずれも着実に増加している。
 以下、公式企業アカウント「camera_kitamura」について、その運用実態をリポートする。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年2月号の記事