精度の高い与信戦略を展開しリスクマネジメント強化を実現

ユーシーカード(株)

2005年2月14日、同社は、リスクマネジメントシステム「UC与信戦略実行システム」を稼動させた。 このシステムは、個々のお客様の「入会」「利用」「支払い」に至るすべての局面において、それぞれのリスクを数量化し、与信・回収業務のコントロールを一貫して行う。このシステムにより、同社では、クレジットリスクの軽減と収益増強に向けたリスクマネジメントの強化を実現する。

情報管理委員会を設置し個人情報保護の周知徹底を図る

 ユーシーカード(株)は、1969年の設立以来、日本のクレジットカード業界の発展とともに、日本を代表するクレジットカード会社の1社として業界を牽引してきた。2004年夏には、東京・お台場において「住む」「働く」「遊ぶ」というあらゆるシーンで電子マネーEdyを使えるようにするプロジェクトを推進し、東京・お台場の商業施設で割引・優待が受けられる地域密着型パスポート「DAIBA Seaside-PASS」を発行。たまったポイントを電子マネーEdyに交換できるサービスを銀行系カードで初めて導入し、注目を集めている。
 クレジットカード会社にとって、個人情報は“命”と言っても過言ではない。個人情報保護法が全面施行される以前から、お客様情報の保護という観点で厳密な管理・運用を行ってきている。
 個人情報保護法の全面施行に先立ち、同社では上杉純雄社長を委員長とする「情報管理委員会」を設置した。また、「お客様の個人情報保護に関するプライバシーポリシー」を作成。併せて、情報セキュリティポリシー、情報セキュリティスタンダードを設け、さらに取り扱いマニュアルというかたちでブレイクダウンし、それぞれの部署において情報の安全管理の徹底を図っている。
 また、コールセンターやシステムセンターなどといった高セキュリティ部署については、監視カメラを設置したほか、私用カバンや携帯電話の持ち込みを禁止。それに加えて、取引先企業との契約書の見直しや個人情報の管理体制が整えられているかのチェックも行ってきたという。
 同社では、「UCカード入会申込書」も作成し直し、会員規約(抄)から「個人情報の取扱いに関する重要事項」を抜粋し、紙面を大きく割いて掲載。お客様に個人情報の取り扱いについて明確に示した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年7月号の記事