地道な努力と専門店への特化 地域で絶大な人気につながる

(有)蔵家

2003年9月に規制撤廃が実施されたことに伴い、酒類販売にはコンビニエンスストアやドラッグストアなど異業種からの参入が相次いでいる。中小零細の酒販店では廃業もあとを絶たない。こうした逆風が吹く中にあって、東京・町田にある「蔵家」は、得意客はもちろんのこと、一流レストランや蔵元からも絶大な信頼を集めている。その秘密を探ってみた。

他店との差別化を図るためにワインに力を入れる

 東京・町田の境川団地近くの商店街の一画に、この6月4日にリニューアルオープンしたばかりの真新しい酒販屋がある。「リカー・ポート蔵家」(社長:浅沼正臣氏)だ。
 創業は1974年。現在の年商は約3億円。1998年には「全国優良小売店農林水産大臣賞」も受賞しているが、社長の正臣氏と夫人の清子氏が商売を始めた時は、ふたりともまったくの素人だった。それ以前は、社長の正臣氏はカメラマン、夫人の清子氏はテレビ局勤務の会社員。たまたま清子氏の実家がスーパーマーケットを営んでいた関係で周囲から酒販店を経営することを勧められたが、「従来の酒屋さんとは一味違った趣の酒屋にしたい」と考え、オープン当初からワインに力を入れてきた。
 社長の正臣氏は、フランスをはじめ各国のワインの産地を視察して仕入れ先を開拓する傍ら、得意のカメラを活かして、ワイナリーで働く人々や産地の写真を撮影。それらを店内に掲示し、ビールや日本酒を買いに来たお客様にもワインの無料試飲をお勧めし、詳しい商品説明を行った。「とにかく口にしていただくことから始まりました」と正臣氏は当時を振り返る。
 ほかにもワインに興味を持ったお客様を自宅に招き、ワインの勉強会やワインに合う料理を紹介するなど、ワインを広める努力を惜しまなかった。また、「ロシア民謡を歌いウォッカを楽しむ夕べ」「シャンソンを聴きながらワインを楽しむ」「チャンピオンバーテンダーを招いたカクテル教室」「フラメンコとスペインワイン」「イタリアワインと料理と食文化」「ピアノ演奏会」といった催しを年に3~4回ほど開催。始めたころは6~7人だった参加者が、今では50人以上になることもあるという。
 一方、清子氏は国内の酒を担当。全国各地の蔵元を訪れて、あまり知られていないが優れた地酒の銘品を集めることに努めた。今では焼酎、泡盛、地ビールの醸造元へも足を運んでいる。
 現在、扱っている商品は、ワインでは世界のスーパーワイン、オールドヴィンテージワイン、デイリーワインまで、国産品も含めて2,000種類、日本酒は300種類、焼酎、泡盛は150~200種類に上り、今もなお増え続けているという。また食料品では、全国からの注文もあとを絶たない。こだわりのチーズケーキや菓子、全国各地の旨い珍味、直輸入のグッズなども扱って人気を集めている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年8月号の記事