データ・コミュニケーションに特化して独自の地位を構築

ブラック・ボックス・ジャパン(株) 

オリジナル製品を世界77カ国で販売

 BLACK BOXは1977年にアメリカ・ピッツバーグで誕生した、データ・コミュニケーションおよびコンピュータ周辺機器専門の通販企業。現在、世界13カ国に支社を置き、77カ国で通信販売を展開している。98年3月期のワールドワイドの総売上高は、2億7,982万1,000ドルで、前年比約21%増。オフィスのコンピュータ化の進展にともない、順調に業績を伸ばし続けている。
 ブラック・ボックス・ジャパン(株)の設立は1988年。年数回の頻度で『ブラック ボックス カタログ』を発行しており、現在配布されているものは第23号。A4判、480ページ以上におよぶカタログには、“繋ぐ”をキーワードとした、各種機器間を接続する8,000種類に上るツールが、「LAN」「モデム」「コンバータ」「スイッチ」など13カテゴリーに分かれて掲載されている。これらは顧客のニーズに基づき、アメリカで開発された製品群で、基本的に全世界共通のモデルである。さらに特殊な製品については、1個から特注に応じる。
 ちなみに同社は、アメリカの認定機関RABより国際品質規格「ISO 9002」の認証を取得している。これは生産工程や品質保証システムの管理が徹底されている企業に与えられるもので、日本の通販企業としてははじめての取得となった。

BLACK BOXのホームページ(http://www.blackbox.com.)

BLACK BOXのホームページ(http://www.blackbox.com.)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年6月号の記事