新鮮さをそのままお届け フットワークうまいもの便

フットワークインターナショナル(株)

道外でも「夕張メロン」に舌鼓

 フットワークインターナショナル(株)が、単なる物流に終わらない付加価値の高いサービスの提供、宅配便の需要創造を目的に「フットワーク うまいもの便」をスタートしたのは 1982 年。「うまいもの便」開始に当たって設立されたフットワークインターナショナル(株)が企画・仕入れを、フットワークエクスプレス(株)とそのグループ会社が物流を担当している。
 当時、迅速な物流網が整備されていなかったために北海道内でしか消費されていなかった夕張メロンが、道外でも手軽に味わえるようになったのは、同社の功績だった。札幌中央市場や太田市場経由では時間がかかり過ぎて食べ頃を逃してしまうが、「うまいもの便」なら注文を 1 日単位で集計して FAX で産地に連絡、翌日には産地を出荷し、フットワーク便の空・陸リレーで全国のご家庭にお届けができる。
 また、消費者の手元にいつ届くかわからないために、きつく塩を利かせた新巻鮭とは違い、あっさり刺身でいただけるルイベ鮭も「うまいもの便」のロングセラー商品。在庫を持たず、産地から消費者へ直接届けるのがサービスの基本であるが、ルイベ鮭だけは毎年注文受付開始以前に一定 を確保しているという。
 今年の「お中元特集」カタログでは、北海道産のでんすけすいか、沖縄産の宮古島完熟マンゴーに人気が集中し、瞬く間に売り切れになってしまった。
 「うまいもの便」の商品選定基準は、美味しくて、目新しく、希少価値のあること。たとえ数が限定されていて安定供給が望めないとしても、毎回「ここでしか買えない」付加価値の高い商品を開拓し、紹介している。その情報拠点は全国約300のデリバリーセンター。知る人ぞ知る、地元のうまいもの情報が、フットワーク便のドライバー、約 7,000 人を通じて同社に集まってくるのである。

日本全国の特産品が勢揃い。見るからに美味しそうな「うまいもの便」のカタログ

日本全国の特産品が勢揃い。見るからに美味しそうな「うまいもの便」のカタログ

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年1月号の記事