TVCMにて新概念を啓蒙し、Webへ誘導医療機関での診察へとつなげる

万有製薬(株)

万有製薬(株)では、AGA(男性型脱毛症)という新しい概念の認知向上と定着を狙い、TVCM放映とともに、AGAについて相談できる医療機関を検索できる専用のWebサイトを開設した。認知拡大のTVCM、問い合わせへの受け皿としてのコールセンター、Webという組み合わせが奏功。CM投下量に比例してアクセス数は順調に推移している。

薬事法規制下で新概念“AGA”の認知向上を図る

 「人々の健康増進に役立つこと」を創業の精神として、患者の視点に立った多くの医薬品を世に送り出している万有製薬(株)。2004年3月に米国メルク社の100%日本法人となり、グローバル化を加速させた。
 メルクグループの一員となって初の新薬「プロペシア」が発売されたのは2005年12月のこと。同社にとって4年ぶりのこの新薬は、日本人男性の約3人に1人が悩んでいるとされるAGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)に対して、医師の診断により処方される新しいタイプの経口薬である。発売直後は医療機関向けにPRを行うことで取り扱い病医院数を拡大し、2006年3月から一般生活者向けにTVCMを開始した。
 医療用医薬品のDTC(Direct to Consumer)広告では、“製品名を出せない”という規制があるため、一般生活者に対してどのように浸透させたらよいかを検討するのに、かなりの苦労があったという。思案を巡らせ、同社では製品名を出さずに認知を促す方策として、「AGAとは何か」という啓蒙活動をTVCMにて展開。“AGA”という一般には知られていない症状名の認知を促した。並行して、同社運営のWebサイト「AGAnews」を立ち上げ、うす毛・抜け毛に悩む男性のために、AGAに関する情報を発信。AGAに対する理解を深めるとともに、AGAについて相談できる病医院を案内する場として活用している。
 こうして、“うす毛・抜け毛(AGA)は医師に相談できる”ということへの認知は急速に拡大し、2006年11~12月に同社が行った電話調査では、ターゲット層において認知率80%を獲得。TVCM開始時の認知率はゼロに等しかったため、わずか10カ月の間で飛躍的に認知率を上げたと言えよう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年5月号の記事