逆転の発想から誕生 DCカード「カッパとたぬき」

DCカード「カッパとたぬき」

“常識”を飛び超えた型破りなキャラクター

 旅行好きの青年、「DC 貴一っちゃん」といっしょに旅するキャラクターと言えば、「カッパとたぬき」。コミカルなテレビコマーシャルでお馴染みの面々である。
 「カッパとたぬき」が登場するテレビコマーシャルがはじめてオンエアされたのは、今から8 年前の1990 年5 月21 日。この日が「カッパとたぬき」の誕生日というわけだ。
 しかし、カード会社のテレビコマーシャルに、なぜ「カッパ」と「たぬき」のペアなのか? 大いに気になるところである。
 実はこれは、逆転の発想から生まれたキャラクターなのだ。そもそもカード会社にとって何よりも大切なのが“信頼”。そのためカード会社のCM には、ステイタスを前面に打ち出した堅い路線のものが多かった。また日本では欧米諸国と違い、いまだにカードを持つことに抵抗を持つ人が少なくないということもあり、“カード”そのものがどうしても重いイメージを持たれがちであった。そこで同社では、特に20 代の女性にもっと積極的にカードを利用してもらうため、この重たいイメージからの脱却を図ろうと考えたのである。
 コマーシャルのコンセプトは、“DC カードを持っていれば誰でも信頼される”ことをコミカルにわかりやすく伝えること。もともと同社では中井貴一を10 年前からキャラクターとして採用しており、評判が良かった。そこで中井貴一とともにコンセプトを表現するキャラクターを作ろうということになった。“誰でも”という点を強調するために、はじめはなんと「たぬき」と「サギ」が候補に挙げられていた。かたや人をだます動物の代表格である「たぬき」、一方はその名の響きがどうもうさんくさすぎる「サギ」。“信頼”という言葉とはほど遠いキャラクターを採用することによって、逆に“信頼”を際立たせようというわけである。しかし、さすがに信用第一のカード会社に「サギ」は不適当ということになり、白羽の矢が立ったのが「カッパ」。それにしても「カッパ」は架空の動物であり、「サギ」ほどではないにしろ、あやしげなところは変わりない。しかし実は、「たぬき」は“他を抜く”、「カッパ」は商売において“人を引きずり込む”と、しっかり縁起もかついでいるのだ。
 ロケはニューヨークで行われた。オンエアされると、逆転の発想をついたこのコマーシャルのインパクトは、期待通りに大きかった。それまでのカード会社のコマーシャルと比較すると驚くほどソフトな内容に仕上がっており、同社の社員も驚いたほどだ。コマーシャルの評判と併せて、「カッパとたぬき」にも予想以上に人気が集まった。もともとこのコマーシャル1 回きりのキャラクターとして生まれた「カッパ」「たぬき」であったが、急遽続投が決定。この時、実はロケで使われたキャラクターのぬいぐるみはニューヨークで廃棄処分となっていた。「カッパとたぬき」はゴミとして捨てられる寸前に九死に一生を得た形で、あわてて引き上げられてきたという。この2 匹は以来8 年間、コマーシャルのほか、入会申込書、カード会員への各種案内、会員のポイント獲得の景品、入会促進用のプレミアムなどに登場し、幅広い活躍を続けている。

グッズでも愛嬌をふりまく「カッパとたぬき」

グッズでも愛嬌をふりまく「カッパとたぬき」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年2月号の記事