多くのファンを惹きつける摩訶不思議な仮想都市Curio City(キュリオシティ)

三井物産(株)

CD-ROM の季刊誌を出版

 「Curio City」は 1995 年秋、三井物産(株)の新規事業としてスタートした CD-ROM の定期刊行物。季刊で発行し、今年 4 月 30 日発売号で「VOL.7」を数える。

CURIO CITY雑誌 CURIO CITY雑誌

ハードカバーに収められ、“雑誌”としてコンビニや書店に並べられる「Curio City」

 A4 判の冊子には「Curio City」のガイド、各企業の広告などを掲載、表紙裏に CD-ROM をセットして、定価1,500円で全国約7,000店のセブン-イレブンと、書店、パソコンショップで販売。発行部数は毎号 12 万部。CD-ROM は Windows、Macintosh のいずれにも対応する。
 「Curio City」には毎号、アンケートハガキが付いており、氏名、住所、年齢のほか、過去に購入した号や、利用の感想などを聞いているが、これによると何号か続けて購入している読者が多く、バックナンバーをすべて持っている人も珍しくない。満足度の 4 段階評価では大半が「大満足」または「満足」の回答。固定的なファン層が「Curio City」を支えていることがわかる。
 ユーザーの男女比は約 7:3。年齢は 30 ~ 34 歳が 23%で最も多く、20 ~ 24 歳と 25 ~ 29 歳がともに 19%、35 ~ 39 歳が 13%と続いている。地域 では東京が 21%、神奈川が 11%、埼玉が 7%、千葉が 6%と首都圏が 4位までを占め、次いで大阪が 6%、兵庫が 5%、愛知が 4%、北海道が 3%の順に多い。パソコン歴では「2 年未満」が 45%、「2 ~ 4 年」が 21%、「5 ~ 9 年」が 17%、「10 ~ 14 年」が 10%、「15 年以上」が5%と、パソコン歴が長くなるほどその割合が低い。
 ストーリーはユーザーがキュリオシティに引っ越すところからはじまる。新居となるアパートの入口にはネームプレートがかかり、ニュース番組は現実の日付を告げている。街の中心にあるコロシアムを取り囲むように店や民家が並び、気の向くままに散歩をしているうちに、ユーザーはさまざまな情報、思わぬアクシデントに出会うことになるのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年7月号の記事