多様なチャネルを通じたクーポン配布で来店促進を図る

(株)レインズインターナショナル

(株)レインズインターナショナルでは、展開する焼肉レストランチェーン「牛角」の販売促進において、クーポンの配布を法人営業、街頭などでのチラシ配りと並ぶ重要な手段として位置付け。メールマガジンのほか、ソーシャルメディアを通じたクーポンの配布も実施している。

ケータイ向けメールマガジン「レインズメール」でクーポンを配布

 1996年に創業した焼肉レストランチェーン「牛角」をはじめ、「土間土間」「しゃぶしゃぶ 温野菜」「かまどか」など、さまざまなブランドで外食フランチャイズ・チェーンを展開する(株)レインズインターナショナル。同社では「牛角」の販売促進においてクーポンの配布を法人営業、街頭などでのチラシ配りと並ぶ重要な手段として位置付けており、積極的な活用を行うことでリピーターの獲得、来店促進につなげている。
 同社のクーポン戦略において中心となっているのが、ケータイ向けメールマガジン「レインズメール」を通じたクーポンの配布である。その内容はフランチャイズを中心に構成される全国630店舗それぞれで「牛角メール会員」を募集。登録した会員に対して、登録店舗から「○○店からのご案内です」というかたちで「お会計10%OFF」「□□1皿無料」などのオファーを含むeメールを配信し、来店してメール画面を提示した会員に対して割引サービスを提供するというもの。本部が作成した内容を全国一斉配信することが基本となっているが、フランチャイジー店舗が独自のeメールの配信を希望した場合には、エリアマネジャーが確認した上で個店単位での配信を行うこともある。なお、会員登録に当たっては、アンケートを行って、メールアドレスのほかに年代、性別、同伴者などの情報を収集し、登録店舗の情報とともにデータベース化しているが、現状では細かいセグメントに基づくeメール配信は実施していない。
 同社がこのような取り組みを開始したのは2004年ごろ。外部企業のシステムに参加するかたちでスタートしたが、eメールに送り主として登録した個店名が表示されず、また、同社店舗で登録した会員にシステム提供企業の別のクライアント企業からの広告メールが配信され、苦情につながるケースもあったことを受けて、2008年から配信自体は外部委託ながらも独自のシステムを構築。以降、現在のかたちで運用を続けている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年1月号の記事