多彩なソーシャルメディアの活用による“ファミマ”ファンづくりに取り組む

(株)ファミリーマート

(株)ファミリーマートでは、2009年12月に運用を開始したTwitterを皮切りに、Facebook、Mobage、Gree、Ameba、Mixiなど多彩なメディアで公式アカウント/ページを運用。幅広い層のユーザーとのコミュニケーションを図り、“ファミマ”ファンの拡大につなげている。

多彩なソーシャルメディアを活用

 2011年7月末現在、1万8,574店(国内外エリアフランチャイズ含む)の店舗網を誇るコンビニエンスストア・チェーン大手、(株)ファミリーマート。同社ではTwitter、Facebook、Mobage、Gree、Ameba、Mixiなど多彩なソーシャルメディアで公式アカウント/ページを運営し、幅広い層のユーザーとのコミュニケーションを行うことで、“ファミマ” ファンの拡大を図っている。
 同社がTwitterのアカウントを取得し、ソーシャルメディア活用を開始したのは2009年12月のこと。当初はクリスマス・シーズンにおけるフライドチキンの期間限定プロモーションの一環として、イメージキャラクターの“ファミ吉”にツイートさせるかたちでスタートしたが、その反響が期待以上であったことから、継続的な活用に踏み切ることになった。さらに、その運用において一定の効果が確認されたことから、Twitterとはユーザー層が異なる他のソーシャルメディアの活用にも取り組むこととし、2011年5月にFacebook、Mobage、Gree、Amebaの活用を相次いで開始。さらに同年8月末にMixiページも開設し、現在の体制を整えている(Mobage、Gree、Amebaについてはモバイル専用)。
 なお、同社ではTwitter、Facebook、Mixiについては基本的には“大人”のユーザーが多いという認識から、あくまでも“企業”としての立場で情報発信を行っているのに対して、Mobage、Gree、Amebaでは若年層のユーザーが多いという認識から、社名・店舗名をもじった“家間3姉妹”というキャラクターを設定。Mobageでは“家間みどり”、Gree では“家間ましろ”、Amebaでは“家間あおい”がニュースレポーターを務めるというスタイルで、親近感の演出を図っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年10月号の記事