Twitterの活用でクチコミサイトの活性化を図る

ケンコーコム(株)

健康関連商品のインターネット通販を手掛けるケンコーコム(株)では、2008年8月から運用している健康関連情報クチコミサイト「ケンコミ」の活性化を目的にTwitterアカウントを運用。機動的な情報発信を行うとともに、同社関連のツイートに対するアクティブサポートにも取り組んでいる。

Twitterでの情報発信・コミュニケーションで投稿の促進を図る

 2000年5月から健康食品、医薬品、健康機器などの健康関連商品、14万点以上を取り揃えるECサイト「ケンコーコム」を運営するケンコーコム(株)。同社では2010年9月からTwitterを運用し、「ケンコミ」の活性化に役立てている。
 「ケンコミ」は、同社が2008年8月から運用している健康関連情報クチコミサイトだ。「ケンコーコム」で取り扱う商品(医薬品を除く)に関するレビューやクチコミの投稿が可能であり、さらに、ブログからのトラックバック方式によるレビュー投稿機能なども備えられていることから、より詳しい健康・美容情報を発信できる場として、一般ブロガーからの投稿も多い。オープン以来、寄せられた商品レビューやクチコミは、2011年5月に累計で10万件を突破しており、それらは「ケンコーコム」の各商品の売り場にも反映されるかたちとなっていることから、ユーザーが商品購入を検討する際の貴重な参考情報となっている。
 同社におけるTwitterの運用は、外部メディアで「ケンコミ」に関する情報を発信し、また、「ケンコミ」に関連するコミュニケーションを行うことで、投稿の促進など「ケンコミ」の活性化を図ることを目的とするものであり、アカウント名も企業名の「ケンコーコム」ではなく、「ケンコミ」(@kenkomi)として登録している。
 Twitter対応は、「ケンコミ」の運営も担当する同社リテール事業部マーケティング部のスタッフ1名で担当。基本的に就業時間内での対応となっている。
 現状、「ケンコミ」アカウントの告知については、「ケンコミ」会員向けに週1回プラスαの頻度で配信しているメールマガジンや、「ケンコーコム」のアフィリエイト会員向けに週1回配信しているメールマガジンなどで実施。コストを掛けずに、コミュニケーションを通じて緩やかに知名度を向上させることを狙っている。
 情報発信については特に頻度は定めていないが、「ケンコミ」で毎日実施しているレビューコンテストの当選者発表や、商品分野を定めて毎週実施している「心に響くレビューコンテスト」の告知と当選者発表、さらには、随時実施しているモニター募集企画やメーカー協賛によるリアル会場での商品紹介イベントの告知など、多彩な内容を随時、ツイートしている。
 ツイートに対する返信やRTなどについては随時チェックを行い、内容によって返信やダイレクトメッセージなどで対応を行っている。また、フォローに対しては、そのフォロワーのツイートの内容などを確認した上で“フォロー返し”をするケースもあり、これらを通じてTwitter上でのコミュニケーションの質と量の充実化を図っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年10月号の記事