独自の電子マネー「nanaco」の活用でビジネスを推進

(株)セブン&アイHLDGS.

(株)セブン&アイHLDGS.では、独自の電子マネーnanacoを運用。多様化する利用客の要望にこたえ、さまざまな場所での使用を可能としてきた。2009年6月末現在の発行数は856万件、そのうち“おサイフケータイ”を利用する「nanacoモバイル」は127万件、月間利用回数は3,300万件に達している。

日本最大・世界屈指の巨大総合流通グループ誕生

 コンビニエンスストア(以下、コンビニ)のセブン‐イレブンやGMSのイトーヨーカドー、ファミリーレストランのデニーズなど、生活者になじみ深いブランドを展開している事業会社(グループ)各社の、企画・管理・運営に携っている純粋持株会社が(株)セブン&アイHLDGS.である。
 同社は、急速に変化している経済・社会情勢の中、グループ企業価値の最大化とコーポレートガバナンスの強化を目指して、(株)イトーヨーカ堂、(株)セブン‐イレブン・ジャパン、(株)デニーズジャパン、3社の株式移転により2005年9月に設立された。その後2006年には、(株)西武百貨店や(株)そごうを傘下に収める(株)ミレニアムリテイリングを完全子会社化し、現在ではコンビニ・GMS・百貨店という既存業態の枠を超えた、日本最大、世界屈指の巨大総合流通グループとなっている。
 ちなみに社名の「セブン」は、① コンビニ、② 総合スーパー、③ 百貨店、④ 食品スーパー、⑤ フードサービス、⑥ 金融サービス、⑦ IT/サービス、の7つの主要な事業領域を、「アイ」は、innovation(革新)の「i(アイ)」と「愛」を表している。
 同社では、合理化の名の下にモノの作り手や売り手の都合を優先させたこれまでのスタイルを捨て、新たなビジネスモデルとしてモノの作り手・売り手がお客さまのご都合におこたえする「新・総合生活産業」を掲げ、付加価値を生み出す流通サービスグループを目指している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年9月号の記事