One to Oneマーケティングを推進 購買頻度の高いお客様に先行情報を提供

(株)ららぽーと

(株)ららぽーとのショッピングセンター事業の中核である「TOKYO-BAYららぽーと」には、年間延べ約2,200万人が来館する。そこで同社では、優良顧客獲得のためのツールとして2001年4月、会員向けポイントカード「ららぽいんと」の発行を開始。2002年4月には、ららぽいんとのサービス機能を進化させた会員限定の情報配信サービス「ららなび」をスタートした。

優良顧客獲得のためのツールとしてポイントカードを発行

 全国18のショッピングセンター(SC)と6つのアウトレットパークを手掛ける(株)ららぽーと。同社のショッピングセンター事業の中核である「TOKYO-BAYららぽーと」は、敷地面積約17万㎡、テナント数540店舗で、年間延べ約2,200万人を集客する、国内最大規模の商業施設である。
 ららぽーとは、「日本初の広域・郊外型SC」と言われ、1981年4月の開業以来、「ららぽーと2」(1988年3月開業)、「ららぽーと3」(2000年4月開業)、「ららぽーとウエスト」(2001年9月開業)、「ららぽーとイースト」(2004年11月開業)と、増床・リニューアルを重ねて規模を拡大してきた。「買う、見る、遊ぶをひとつの場所で」という現在のショッピングセンターのコンセプトはここから始まっており、ファッションから映画までのアミューズメントや、グルメゾーンまで、多彩にゾーニングされたテナントで構成されている。さらに複数のイベントスペースが設けられ、毎週必ず何らかのイベントが催されている。そのほか、昨年度はインテリアやペットなどの大型専門店、テーマパーク「東京パン屋ストリート」を導入した。大型リニューアル以外にも、常に年間1割のペースでテナントの入れ替えを行っているという。
 こうした同社の取り組みは、せっかく集客してもテナントにお客様を誘引する仕掛けや対応ができていないとショッピングセンターとしては成り立たないという認識のもと、テナントと一体になってお客様に満足いただける商品・サービス・情報を提供することに注力している表れと言えるだろう。
 しかし、近年、生活者の価値観や消費志向が多様化すると同時に、同業態間に限らず、異業態との競合も激化。従来の広告やチラシといったマス展開のみに依存していたのではビジネスの活性化には限界が生じることから、優良顧客をいかに獲得し、維持するかが重要なポイントになってきている。
 そこで同社では、優良顧客とのコミュニケーション・ツールとして、2001年4月から会員向けポイントカード「ららぽいんと」を発行。現在、「ららぽいんと」会員は、同ショッピングセンターだけで、約57万人に達しており、大宮や広島などの施設を合わせると約89万人を数える。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年10月号の記事