誠実な対応で信頼されるブランドを確立

(株)紀伊國屋書店

既存の資産を最大限に利用

 1927年の創業。クリック&モルタル(仮想店舗と実店舗)で成功を収めている(株)紀伊國屋書店。
 既存の店舗の売り場の棚を「在庫」と呼び、注文の75%をそこから出庫する。実店舗に置いてある商品をそのまま仮想店舗に回せるのは大きな強みだ。Eコマース専業企業では多くの場合、在庫・物流システムを1から構築する必要があるのに対して、同社ではこうした既存の資産を最大限に活用することで、業務をスムーズに進めることができる。
 同社が本格的にインターネット書店ビジネスに参入したのは、1996年の“紀伊國屋BookWeb”の立ち上げから。その後、1999年には大学や研究機関向けの“BookWeb Pro”と大型店舗ごとのネット在庫検索と通販を組み合わせた“Hybrid Web”をスタートさせた。“紀伊國屋BookWeb”のトップページ・ビューは1日当たり約40万。取り扱っている商品は、和書・洋書・DVD・ビデオ。会員数は2001年3月末現在で約19万人。新規会員も毎月4,000〜4,500名前後のペースで増え続けており、地方・海外の会員も多い。
 会員になると、仮想書棚での書店の仮想体験や、データベース検索を使っての350万件を上回る国内外の書籍出版情報、同社の QRS(Quick Response System)を通じた世界中の取り次ぎ、出版社からの取り寄せが可能になる。和書は最短4日間、洋書も最短1週間で取り寄せが可能だ。 洋書についてはインターネット、海外直輸入のメリットを最大限に引き出した、実勢レートに基づく画期的に安い価格体系を採用している。送料は全国一律1回380円。何冊購入してもこの金額は変わらない。決済は現状クレジットカードのみである。客単価は4,000〜5,000円。都市在住者に比べ、地方在住者の方が1回当たりの単価は多少高い傾向にある。地方のリアルな店舗ではなかなか手に入れることのできないものをまとめ買いすることが多いからであろう。
 年商は約40億円と、同社の総売上高1,150億円の3.5%に当たる。これは1,000坪クラスの実店舗1店舗分の売り上げに匹敵する。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年5月号の記事