量から質への転換

(株)ファミリーマート

質への転換

 「500店舗閉鎖」の記事が新聞紙上を騒がせ、何かと話題になっている(株)ファミリーマート(以下ファミリーマート)。各マスコミが報じるように、かなり厳しい選択であったようにも思えるが、その思惑はポジティブなものであるという。
 ファミリーマートは2月26日に、総店舗数の約1割に当たる500店舗程度を、1年間で閉鎖するという経営改善計画を発表した。これに対して多くの読者は単純に500店舗を閉店すると思われるかも知れないが、そうではない。同社では店舗の質の向上を目指した「ビルド&スクラップ」を実施しており、その「スクラップ」の部分として、今までも年間約200店舗規模の閉店は実行してきた。今年度は、本格的な梃入れを行うためにその規模を大きくするというわけだ。また、これにともない「ビルド」の部分である、新規出店の計画も都市部を中心に進められており、そのための開発要員(同社では新規の出店を開発と呼ぶ)も増強され、体制も強化していくということだ。同社ではこれを、量から質への転換ととらえている。
 その具体的な内容は、環境の変化にともなった時代への対応だという。たとえば、同社の加盟店とのフランチャイズ契約は10年だが、開店当時は立地条件がよかったとしても、現在では交通事情や競合店の出現により営業に不利な店舗も存在するわけで、そういった店舗をもっと有利な場所や、駐車場のスペースが確保できる場所に移転したりすることも、「ビルド」に含まれる。タバコ、酒といったいわゆる「免許品」の免許の取得も質の向上の一環であり、これまで以上に積極的に取り組んでいく意向である。さらに店舗レベルでの質の強化という部分では、徹底した従業員教育やPOSシステムへの投資による、より精度の高い売り場づくりを目指している。

ファミマドットコム

「famima.com」トップページ(http://www.famima.com/)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年4月号の記事