セールス色を排除したアフターコール業務により顧客満足の向上を目指す

(株)ジェーシービー

全世界での会員数は3,980万人、加盟店数は688万店舗

 (株)ジェーシービーは、1981年から、日本のカード会社としてはじめて独自の国際展開をスタート。JCBを世界で通用する「国際ブランド」にするため、VISAやマスターなどの海外ブランドとは提携しないという独自のスタイルを徹底している。
 ニューヨーク、ロンドンなど世界の主要31都市に海外拠点を置き、加盟店・代理店との交渉や情報収集を行なっているほか、海外拠点を含む世界50カ所にはサービス窓口である「JCBプラザ」、「JCBデスク」を設け、より広域で質の高いサービスを提供できる拠点網の確立を目指している。また国内には30カ所の支社/支店を設置、フランチャイジー76社とともに、きめ細かいネットワークでJCBブランドの拡大に努めている。
 現在、全世界合計のJCBカードホルダーは3,980万人、加盟店の数は688万店舗。海外のJCBカードホルダーも16カ国、84万人に上り、売上高は4兆4,590億円(1999年9月末日現在)を達成している。この実績は、会員と加盟店の双方からの「JCBブランド」に対する高い支持を表しているが、同社ではこれを現金に代わる決済手段としての機能だけではなく、コールセンターなどを通して会員、加盟店、提携先などのさまざまなニーズを探りながら、サービスを創造し、カードの付加価値を高めた結果として位置付けている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年8月号の記事