表参道を彩るイルミネーションと連動してケータイを駆使したプロモーションを展開

(株)エイチ・アイ・エス

旅行業界のベンチャーとして格安航空券などの革新的な商品を販売し、シェアを伸ばしてきた(株)エイチ・アイ・エス。現在、海外100拠点、国内275店舗のネットワークを誇っている。創設30周年を迎える今冬は、「表参道H.I.Sイルミネーション ベルシンフォニー」に協賛。1,000万人の通行人を対象にケータイを駆使した過去最大級のプロモーションを展開する。

格安航空券販売のパイオニア 総合旅行会社として成長

 「ツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、国籍、人種、文化、宗教などを超え、世界平和・相互理解の促進に貢献する」という企業理念の下、海外や国内旅行の企画・販売・手配を行っている旅行会社(株)エイチ・アイ・エス。
 1980年にリーズナブルな海外航空券の販売からスタートした同社は、日本における海外旅行の敷居を下げると同時に、海外渡航者数の拡大に寄与してきた。2007年11月から2008年10月までの1年間では、航空券とパッケージツアーの販売を通じて、245万5,000人強の日本人を海外に送客、人数ベースでのシェアは15.0%を占め、国内でもトップクラスを誇っている。
 また、これに比例して同社における営業・サービス拠点も増加を続けている。2009年11月末現在、海外76都市に100拠点、国内では275店舗を展開し、全世界合わせたスタッフは約7,000人を数える。さらに、1996年からはウォーターマークホテルグループを国内外でオープンさせるなど、いまや総合旅行会社として確固たる地位を築いている。
 同社ではこれまで、テレビ・ラジオのCMや店頭のチラシなどで旅行商品を紹介していたが、ここ数年特に注力しているのが、ケータイとのクロスメディアによるプロモーションである。2001年にケータイ・サイトを開設したのと同時にメルマガ会員制度を発足。その会員数は12万人ほどで推移していた。特に会員を増やすような施策を採ってこなかったために、日々旅の情報を求め、また、実際に掘り出し物の情報が出た時すぐに応じられるような、身軽でコアな層を主な会員登録者としていた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年1月号の記事