独自性の高い個性的なショッピングモールを目指す

(株)47CLUB

全国の地方新聞社が集まり、地域の良質で信頼できる商品を厳選して紹介するインターネット上のショッピングモール「47CLUB」(よんななクラブ)。WebサイトではSaaS型のレコメンドソリューションを導入し、Webパーソナライゼーションに取り組んでいるが、運営会社である(株)47CLUBでは、まだまだその成果に満足していない。今後、より個性的なショッピングモールづくりを行う中で、パーソナライズについてもさらに強化し、会員一人ひとりに明らかに異なるトップページが表示されるような状況を目指していく。

地域の良質で信頼できる商品を厳選して紹介するショッピングモール

 2007年4月に開設された「47CLUB」(よんななクラブ)は全国の地方新聞社が集まり、地域の良質で信頼できる商品を厳選して紹介するインターネット上のショッピングモールだ。正式名称は「47 CLUB」。「47」は日本の都道府県数47に由来しており、全体として各地域を代表する商品が集まるサイトであることを表現している。なお、現在の運営は地方新聞社46社の任意組合であるデジタルビジネスコンソーシアム、および(株)電通、(株)サイバー・コミュニケーションズの出資により2008年7月1日に設立された(株)47CLUBにより行われている。
 2008年9月現在、「47 CLUB」への参加店舗数は約600社。いずれも全国の地方新聞社がそのネットワークを活かして開拓した、その地域の厳選した逸品を取り扱う店舗だ。
 商品ジャンルとしては、飲料などの食品が中心。そのほか、家具や食器、文具、美容・健康用品、衣料品、趣味用品など、幅広い商品が取り扱われており、アイテム数は8,000商品以上を数える。オンラインショップでは比較的高単価で粗利が高い商品でないと成功が難しいと言われている中、良質で地域ならではの個性ある商品であれば、低単価・低粗利であっても取り扱っている点が特徴だ。その意味では、インターネットに取り組む意欲がありながら、これまで実践することが難しかった地方の中小規模の商店を応援するショッピングモールであるといえる。
 会員登録には特に加入条件などは設定しておらず、属性情報などを入力すれば誰でも会員になることができる。現状では、地方紙の紙面での告知により同サイトを認知する人が多いことの影響か、類似の他サイトと比較すると40~50代の男性層の比率が高く、男女比はおおよそ6:4となっている。ちなみに、地方紙での告知以外の同サイトの認知経路は、各地方新聞社のWebサイトやフリーペーパーなどのサブ媒体、取材を受けた外部のマス媒体、アフィリエイト・プログラムなど。なお、会員に対してはメールマガジンを同社から週1回、各地方新聞社から週2回配信。コミュニケーションを深めるとともに、Webサイトへの訪問を促し、リピートオーダーにつなげている。
 インターネット上のショッピングモールでは、一般に絶対的な商品数に基づく網羅性や低価格性などが差別化ポイントとなっている。しかし、「47 CLUB」はこのような傾向とは一線を画している。さまざまな分野で東京一極集中が進み、「良いものは東京に集まる」という認識が一般化する中、「地方ならではの逸品がまだまだ数多く存在する」と考え、あくまでも地方新聞社ならではの情報網によって発掘した、それぞれの地元ならではの個性的な商品の魅力やストーリー性で差別化を図っているのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年11月号の記事