Webサイトの全面リニューアルを機にレコメンデーション機能も強化

(株)セレクトスクエア

数多くの有名セレクトショップが出店する“オンライン・セレクトショップ”「SELECT SQUARE」は、2008年10月にWebサイトの全面リニューアルを実施した。ユーザーインタフェースの改良とともに、出店者の作業フロー簡素化、ログ解析をはじめとする分析機能の強化などを実施。今後のサービス拡充のためのWeb戦略について取材した。

大人向けのファッションビルをインターネット上で展開するイメージでサイトを運営

 2007年9月に総合商社・丸紅(株)のインキュベーション事業をMBO(Management Buy-out)するかたちで設立された(株)セレクトスクエアが運営する「SELECT SQUARE」は、「SHIPS」「BEAMS」「TOMORROWLAND」「united arrows green label relaxing」などをはじめとする、数多くの有名セレクトショップが出店する“オンライン・セレクトショップ”だ。
 同社では、大人向けのファッションビルをインターネット上で展開するイメージでサイトを運営している。その姿勢はファッション感度の高い顧客に支持され、業績は順調に推移しており、2007年度に約13億円であった売上高は、2008年度では25億円前後にまで拡大する見込みだ。また会員数も2008年度中には20万人規模に達することが見込まれており、その60%以上が過去1年以内の購買実績客とアクティブ率も高い。属性的には男女比はほぼ均等、平均年齢は32歳前後という状況で、客単価は春夏では1万3,000円~1万4,000円、秋冬では1万7,000円~1万8,000円前後だ。
 ビジネスモデルは、基本的に商品を預かって販売するという消化仕入れになっており、まさにファッションビルをインターネット上で再現する格好だ。
 現在、出店ショップ数は40以上で、ブランド数にして800以上。いずれも有名セレクトショップやブランドの公式ショップであり、家にいながらにして希少性の高いファッション・アイテムを入手できるECサイトとなっている。
 集客については、リスティング広告やアフィリエイト広告、バナー広告など、インターネット広告がメイン。そして、会員登録をした顧客に対しては、週1回配信のメールマガジンでの新商品案内などを通じて、リピート購入の促進を図っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年11月号の記事