店舗を軸に“世界最速のサプライチェーン”を確立

ブックオフコーポレーション(株)

1990年5月、神奈川県相模原市の住宅街に「BOOKOFF」1号店をオープンしたブックオフコーポレーション(株)。その斬新なコンセプトは多くのユーザーに歓迎され、現在では日本全国に900店舗を展開するまでに至っている。「BOOKOFF」のリユース事業における最大の特徴は、店舗を軸に“世界最速のサプライチェーン”を実現していること。今後は「捨てない人のブックオフ」という新たなコンセプトの下、モノを大切にするエコ文化を普及し、循環型社会に貢献する企業としてのポジションを確立していく意向だ。

従来の古書店とは異なるコンセプトの“リユース書店”

 1990年5月、神奈川県相模原市の住宅街に1号店をオープンした「BOOKOFF」。同店のコンセプトは従来の古書店とは大きく異なっていた。
 まず、従来の古書店では、買い取りは店主をはじめとする店員の“目利き”により行われ、内容により買い取り価格が左右されていた。これがチェーン展開を妨げていたのだが、BOOKOFFではマニュアル化を徹底することにより、書籍の内容を問わず、状態のみを確認することで、誰でも買い取りが行える仕組みを構築した。また店構えにおいても、薄暗く女性が入りづらい印象がある従来の古書店とは異なり、女性が夜に1人でも入店しやすい明るい印象を演出している。
 このような新しいコンセプトで書籍のリユースに取り組む「BOOKOFF」は多くのユーザーに受け入れられ、その後、急速に多店舗化。2008年7月末現在、日本全国に900店舗(フランチャイズ店を含む)を展開するまでに至っている。
 なお、「BOOKOFF」を展開するブックオフコーポレーション(株)では、リユースの対象を書籍以外にも拡大。「BOOKOFF」でCD・DVD・ゲームソフトなども取り扱うほか、「B・KIDS」「B・SPORTS」「B・STYLE」「B・LIFE」など新たな業態を次々に開発し、ベビー用品・子供服、スポーツ・アウトドア用品、婦人服・ファッション小物、インテリア・雑貨・ギフト商品など、幅広い分野でのリユース事業に取り組んでいる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年10月号の記事