カジュアルでリーズナブルな日常着を「個人」が買う新たなきもの市場を創出

東京山喜(株)

1924年に京都で呉服問屋として創業した東京山喜(株)では1999年9月、千葉県船橋市に「たんす屋」1号店を開店し、リサイクルきもの事業に本格的に参入。2008年8月現在、関東、北海道、東北、甲信越、東海、北陸、関西、中国、四国で110店舗を展開している。カジュアルでリーズナブルな日常着を「個人」が買うという、新たなきもの購買パターンの定着に努めてきた同社では、今後もこのようなかたちでの販売を進めていく意向だ。

従来のきもの古着販売とは一線を画するビジネスモデルを構築

 東京山喜(株)では1999年9月、千葉県船橋市に「たんす屋」1号店を開店し、リサイクルきもの事業に本格的に参入した。
 当時、きもの業界では、ピークであった1970年代半ばに約2兆円だった市場規模が約6,000億円にまで縮小していた。一方で、エンドユーザーのアンケートでは、「きものが好き」「きものを着たい」という人が8割存在するにもかかわらず、直近の1年間で「きものを購入した」人は5%以下にとどまるという結果が出ていた。つまり、ニーズはあるのに売れないという“ねじれ現象”が起きていたのである。その背景には、バブル期にきもののフォーマル化、高級化を進めたことによって形成された「きものは高い」という既成概念があった。
 同社は1924年に京都で呉服問屋として創業。1961年に法人化されてからメーカー・卸業を営んでおり、1993年に中村健一氏が3代目社長に就任して以降、生産拠点を中国に移し、よりよいきものをより安く生産する体制を整えたことなどで、1994年から1997年の4年間で売上高を76%増大し、1997年の売上高は37億4,000万円にまで達していた。しかし、きもの業界全体の不調の影響は同社にも波及し、1998年の売上高は30億円に減少、利益的にも一気に赤字に転落してしまった。このような状況の中で、中村氏が偶然入店した新古書店「BOOKOFF」を参考に開始したのが、リサイクルきもの事業である。
 きもの業界でも従来から古着の売買は行われていたが、これは買い取った古着をそのままで販売するというもの。コストの掛かる丸洗いを行うところはなかった。しかし、同社ではメーカー・卸として販売する商品の品質に責任を持ちたいと考え、買い取った品をすべて洗いにかけて、殺菌、抗菌、消臭加工、しみ抜き、検針、プレスをしてから販売するという、従来のきもの古着販売とは一線を画するビジネスモデルを構築した。この新しいビジネスモデルは、2000年に中小企業金融公庫の“新規性が高く収益性が十分にある事業”への融資対象に選ばれ、さらに2001年には、第11回ニュービジネス大賞で優秀賞を受賞している。
 2008年8月現在、関東のほか、北海道、東北、甲信越、東海、北陸、関西、中国、四国に店舗展開しており、その数は110店舗にも及ぶ。うち、74店舗が直営、36店舗がフランチャイズ店だ。2007年度の売上高は約48億円となった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年10月号の記事