既存チャネルとの均衡を保ちながら法人・個人顧客向けにオンラインストアを展開

日本ヒューレット・パッカード(株)

日本ヒューレット・パッカード(株)は、1999年にオンラインストア「HP Directplus」を立ち上げ、直販ビジネスに参入した。従来の販売チャネルが“パッケージ商品”を扱っているのに対し、直販ではカスタマイズ性の高い製品を短納期で提供。開始以来、プラス成長を続けている。

開始以来、堅調な伸びを続ける直販ビジネス

 2006年第3四半期の世界のパソコン出荷台数において、シェア1位を獲得したヒューレット・パッカード(以下、HP)。インクジェットプリンタ市場では10年連続で世界シェア1位を堅守している。日本ヒューレット・パッカード(株)はこの世界的シェアを誇るHPの日本法人であり、コンシューマ、中堅・中小企業、大企業、官公庁に至るすべてのお客様に対して、ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションサービスからPC、プリンタまで、幅広い製品やサービスを提供している。
 同社は1999年にオンラインストア「HP Directplus」を立ち上げ、直販ビジネスに参入した。当時、従来からの流通チャネルである量販店ルートでは国産メーカーが圧倒的な強さを見せていたため、業績を伸ばしていくためには先を見越した流通モデルを構築する必要があった。そうした中、外資系を中心としたメーカーが直販を開始。市場への浸透状況を注視した上で、同社も直販ビジネスの参入に踏み切った。そして開始以来常にプラス成長を続け、2006年度についても2桁成長を達成する見通しだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年1月号の記事