グループ企業やパートナー企業と連携することで相乗効果を発揮

ムトウグループ

準大手通販として知られる(株)ムトウ。このムトウを中心としたムトウグループでは、これまで培ってきた通販情報システムの開発・運用ノウハウと、物流センターや決済サービスなどグループ会社の経営資源を有効活用した、通販トータル・ソリューション・サービスを提供している。

(株)ムトウの情報システム部門が母体となり(株)ミック設立へ

 「信頼される企業、奉仕の精神」を社是に、お客様から愛され、喜ばれる企業を目指す(株)ムトウ。創業以来、「安心・確実・信頼」を基本に培ってきた60年の歴史と経験を活かし、すべてのお客様がリアルに実感できる真の喜びを提供し続けている。
 現在、同社は、ブランド価値創造に向けて策定したブランドビジョン「FUN to FAN」(うれしい、楽しいをお客様へ)のもと、あらゆるニーズに柔軟に対応することはもちろん、うれしさや楽しさ、ワクワク感をプラスして、お客様に喜ばれ、愛される商品を提供していく意向だ。
 同社は、「ムトウグループ」として店舗や訪問販売、流通/物流管理、クレジット事業・個人融資事業、カード事業を担う関連企業と連携しながら、顧客のニーズに応えるサービスを展開している。
 こうした関連会社のひとつで、1986年に同社の情報システム部門が独立してスタートしたのが(株)ミックだ。親会社であるムトウとの提携により、ムトウが培った流通業務や情報システムのノウハウとその経験に加え、ミックが独自に培ったノウハウをもとに、ソフトの提供、業務・IT関連の受託からコンサルティングまで、幅広く事業展開している。
 会社設立当初は、富士通(株)と共同開発した汎用機用通信販売システムを大手通信販売企業向けに、ムトウグループが培ってきた通販ノウハウやソフトとともに、提供してきた。その後、バージョンアップを数回にわたり繰り返してきたが、バブル崩壊以降、汎用機のダウンサイジングが進み、1993年にパソコン用通販システム「スーパー通販」の開発・販売を開始。その後、1998年にパソコン用通販総合システム「通販シェルパクラブ」の開発・販売をスタートした。現在、同社のクライアント企業は、大手通販企業から中規模通販企業まで広がってきており、通販事業の立ち上げから通販システムの再構築まで手掛けている。
 さらに、「スーパー通販」の開発・販売をスタートした頃から、システム開発以外のビジネスを展開し始めた。それは、「ムトウさんでしたらコンビニ決済もやっているでしょうから、そのルートはなんとかなりませんか」「出荷が追い付かなくなってきたので、物流関係もやってもらえませんか」といった声が掛かるようになってきたのである。クライアント企業のほとんどが成長過程にあり、インフラ拡充への投資が必要であるにもかかわらず、ノウハウがないという問題を抱えていた。そこで、情報系のノウハウ提供に限らず、ムトウが長年培ってきた決済や出荷、受注のためのコンタクトセンターにかかわるサービス、および顧客開拓ルートとしてのカタログなどへの封入サービスのニーズに応えるため、1997年、グループの資産を集結し、通販代行ビジネスをスタート。2003年から、通販トータル・ソリューション・サービスとして「通販ワンストップサービス」を提供している。情報システムを核に、これと連携したかたちで、出荷や決済、コンタクトセンター業務を請け負っているのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年12月号の記事