100%の開封率で確実にターゲットにリーチできるサービスを提供

(株)ベルーナ

創業以来、三十数年にわたる通信販売で培ってきたノウハウと膨大なデータベースの活用を目的に開設された戦略的事業部「ベルーナダイレクト」。企業ニーズにあった的確なプロモーションを支援するサービスを提供。最近では、顧客属性を絞り込んだ媒体を活用したサービスの提案も行っている。

会員数は1,000万人のうち女性客層が90%に上る

 大手通販企業のひとつである(株)ベルーナ。2000年3月には東京証券取引所1部上場を果たし、現在の売上高(連結)は約1,150億9,800万円に上る(2005年3月期)。
 同社は、カジュアルからフォーマルまで多彩なファッションを満載したメインカタログ『BELLUNA(ベルーナ)』(対象:30代~50代のミセス中心)、アパレルやインナー・ブランド系の小物雑貨を多く取り揃えたオシャレに敏感な女性のための流行単品販売カタログ『RyuRyu(リュリュ)』(対象:20代女性)、カジュアルからエレガントまで、個性に合わせて楽しむファッション&グッズがいっぱいのカタログ『LUAR(ルアール)』(対象:30代~40代のヤングミセス)など、顧客ニーズに合わせた多彩なカタログを発行。会員顧客数は1,000万人強を数える。
 同社がカタログを活用した封入サービス事業を始めたのは、約12年前に広告代理店からの打診があったことがきっかけ。それから2年後の1995年2月に、新事業本部の事業のひとつとして本格的なスタートを切る。スタート当時の名称は、「ベルーナ・マーケット・クリエイト・サービス(BMCS)」。2000年に、現在の「ベルーナダイレクト」に名称を変更した。
 ベルーナダイレクトの特徴は、90%に上る女性顧客の存在だ。購買に関して非常に強い意欲、関心、そして行動力を持っている20代~60代の顧客層である。特に、40歳以上のミセスに圧倒的な支持を得ている。また、全国47都道府県にバランスよく分布しているのも特徴のひとつだ。全国展開の大規模なキャンペーンから地域限定のSPまで多彩なプランが展開できる。さらに、さまざまな属性からのセグメントが可能。顧客データも、カタログなどの未到着客や支払遅滞などを随時チェックし、リアルタイムで更新しているので、常に最新の情報を提供できる。
 そのほか、同社では会員を「ベルーナ会員」と「リュリュ会員」に分けている。ベルーナ会員は新聞の折込みチラシから入ってきた顧客であり、リュリュ会員は書店やコンビニエンスストアで年5回発売するカタログ『RyuRyu(リュリュ)』(定価300円)による購入客である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年12月号の記事