顧客の要望に応えサイトを作成 食にこだわる顧客が倍増

(株)協同商事

「コエドブルワリー」の愛称で知られるビールを製造している(株)協同商事。ドイツビールの製造にこだわり続けた結果、現在ではドイツ大使館御用達のビールを製造。多くの顧客の支持を集めている。あえて「楽天」のような大手ショッピングモールには加盟せず、「食」にこだわる消費者が集まるモールに加盟。オフィシャル・サイトの開設からまだ2年余りだが、すでに8割以上がリピーターだ。その背景を探ってみた。

ドイツ大使館御用達のビールを製造

 1997年4月に「小江戸ブルワリー」を開設して以来、「コエドブルワリー」の愛称で知られるビールを製造している(株)協同商事(埼玉県川越市)。
 同社のビールは、ドイツビールをモデルにしている。同社代表取締役副社長の朝霧重治氏は、「日本とは気候も違いますが、ドイツ人たちは大きなビールジョッキを抱えながら木陰で2時間近く、歓談しながらゆっくりとビールを飲んでいます。そいう文化を日本の人たちに紹介したかったのです」と、ドイツビール導入の経緯を語る。今日、食生活などを中心に注目されている「スロー・フード」「スロー・ライフ」という考え方に当時から着目していたそうだ。
 同社が製造しているのは、地ビールではなく、ドイツビールであり、その専門メーカーとしての位置付けにあることを、お客様に説明している。原料となる麦芽やホップをドイツやオーストリアから直輸入。中規模の製造設備もドイツから直輸入している。
 工場の規模は「準量産」という位置付け。「銀河高原ビール」と全国にある地ビールメーカーの中間に位置する。工場はビール職人が手作りで管理できる規模だが、瓶詰めや缶詰めラインは機械でも充填できる。
 中でも、「ミッターバウアー・伝説のビール職人」は、ドイツ大使館御用達になっているほどだ。
 同社がWebにオンライン・ショップを開設したのは2002年7月からと、まだ新しい。きっかけはお客様のニーズであった。これまで同社の商品は、三越の通販や地元川越のスーパーなどでしか販売していなかった。「販売努力が足りないところもあり、まだまだお客様にとって身近な商品とは言えない」(朝霧氏)ため、多くの顧客からぜひともインターネット通販を始めて欲しいという要望が寄せられたのだ。そこで同社は、ビール好きで毎日飲んでいる人のために、ケースごと購入した場合は送料を無料にするなど、近隣のスーパーなどでビール1本を買うのと変わらない条件を打ち出している。現在、同社のWebサイトを訪れて、ビールを購入する顧客のほとんどはリピーターとのことだ。
 ショッピングモールも圧倒的な集客力を誇る「楽天」ではなく、こだわりの食をラインナップしている「うまいもんドットコム」(http://www.umai-mon.com/)に、2003年11月から加盟している。「食に対するこだわりの強いお客様に来店していただけることが、当社にとっても魅力的です」と、同サイトに加盟した理由を説明する。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年7月号の記事