「給与は顧客からいただく」 商人意識を持った販売員を育成

(株)ムラウチ

もともとしょうゆ店として操業開始した(株)ムラウチは、2000年春のCEO交代を機に、さまざまな社内改革に取り組んできた。人事評価もそのひとつであり、現在、管理職の給与は100%、成果主義による評価からはじき出されている。ECでも急成長を遂げる同社は、いかなる人材を求めているのか。

世界一の接客を目指し“商人宣言”

 1953年に電器店をオープンさせた(株)ムラウチでは、時代の流れに乗って1999年にオンラインショップmurauchi.co.jpを開設。当初、年間売上に対するECの貢献度は2.0%(3億円)だったが、2001年度は総売上164億円のうち32億円、19.5%を占めるまでに成長した。このECをスタートさせたのが、2000年4月に代表取締役社長兼CEOに就任した村内伸弘氏である。
 同社の店舗作りにおけるポリシーは明快だ。「世界一のサービスを通じて、お客様に喜んでいただく」。価格、品揃え、接客、アフターサービスと、内容はさまざまだが、顧客が今、求めているサービスを敏感に察知し、その期待に応えていくために、接客ポイントにおける人材育成は欠かせない。このため、販売員全員を商店主に見立てた「全員商人宣言」をスローガンに掲げることにした。
 なぜ、商人なのか。その理由について、村内氏は次のように説明する。「社員が140名を超えると、俗に言われるサラリーマン的な、月給をもらえればいいという感覚が社内にまん延してしまいがち。しかし、販売員には自らを商店主に見立てて接客に努め、自己の才覚と努力で顧客から月給をいただくという気概を持って欲しかった」。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年11月号の記事