知識経営の実施でブランド向上を促進

富士ゼロックス(株) ニュービジネスセンター KDIグループ

付加サービスの提供により自社のブランドをさらに向上

 コピー機器の先駆的メーカーとして確固たる地位を築いている富士ゼロックス。同社では、次なる新規事業を獲得し育成する「ニュービジネスセンター」のひとつのテーマに、実践的なナレッジ・マネジメント(KM)の実現に向けたコンサルティング・ビジネスを展開する社内カンパニーとして、KDI(Knowledge Dynamics Initiative)グループを2001年1月に設立した。同社はこれまでも「知識」に対してさまざまな取り組みをしており、数々のフォーラムの開催等を通じて企業に知識経営について考える場を提供してきた。同社ではその知識経営の実現において不可欠なのがKMだと考えているが、さらに、KMの大きな目的であり成果であるのが、企業のコーポレート・ブランドの向上だとも見ている。そこで、ナレッジ・コミュニティの運営を通じてクライアント企業におけるKMを十分機能させ、知識経営を実現することで、総合的に企業のコーポレート・ブランドを向上させる組織としてKDIを発足させた。ナレッジ・コミュニティとは、最先端研究に基づく、ナレッジ・サービスを共同開発するグローバル・ネットワークである、The KNOW Allianceの研究結果や方法論を、各企業の実践の場で具体的に展開・検証する組織である。
 また、同グループの設立には、同社の主力事業である複写機/プリンタ等のハードウエアに加えて、知識経営の可視化という付加価値サービスを提供する新たなブランドを作ることで、自社ブランドをさらに向上させる狙いもある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年3月号の記事