コミュニケーション・スキルを備えた旅のエキスパートが、お得な情報を案内

(株)トラベルネット

国内初のネット専門旅行会社

 1997年、国内初の無店舗型のインターネット専門旅行会社として誕生した(株)トラベルネット。「店舗をもたない、電話しない、印刷しない」を合言葉に、商品紹介から予約まで、旅行に関するほぼすべての手続きをネット上で行えるサービスを実施している。
 2000年5月からは、同社が独自に開発した会員制インターネット専用旅行予約管理システム「VOYAGE」をスタート(現在ビジネスモデル特許出願中)。利用者が、同社ホームページ上で名前や勤務先などを入力して会員になると、会員専用のホームページ「My Travel」において、問い合わせや予約受付、手配結果など旅行に関わるほぼすべての手続きを行えるというものだ。出先のパソコンからでも予約状況などの確認ができるほか、顧客が自分の知りたい情報にあわせてコンテンツをカスタマイズできるなど、顧客利便性の高いサービスが大きな特長となっている。
 一方で、こうしたネット販売は、同社側にも大きなメリットをもたらしている。冒頭でも挙げたが、まず一般の旅行会社のように店舗を設置する必要がないことに加え、パンフレットやダイレクトメールの印刷費負担がなく、顧客に電話連絡する手間が省けることで、人件費も節約できる。また、予約やキャンセル待ちなどの状況を、顧客に逐次報告できる、顧客の声を収集・蓄積し、価格・サービス等に迅速に反映できるなど、サービス品質も大きく高められるのである。
 従来の旅行業界は労働集約型で利益率が低いと言われてきた。同社の取り組みは、そんな従来の常識を覆す新しいビジネスモデルを確立するものとして、今、大きな注目を集めている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年5月号の記事