インターネット上でいかにOne to Oneを実現していくか

(株)エムタウン・(株)富士銀行エムタウン支店

ショッピング・モールと決済が融合したポータルサービス

 2001年1月31日、インターネット専業のバンキングサービスを組み込んだ会員制総合ポータルサービス、エムタウンが開業した。
 エムタウンは、第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行のみずほファイナンシャルグループを中心に、金融機関、事業会社、計47社が出資する(株)エムタウンとインターネット専業の富士銀行エムタウン支店が提携してスタートしたものである。エムタウンには、前記の47社を含めた約70社が出店しており、グルメ、ファッション、インテリア、家電、スポーツ、旅行、書籍、ゲーム等、さまざまな買物ができるショッピング・モール、各種の金融商品を検索できる金融ポータル、実店舗並みのインターネットバンキング・サービスが用意されている。代金の支払いは、エムタウン内のインターネット銀行・富士銀行エムタウン支店(以下エムタウン支店)やグループのインターネットバンキング・サービスを利用すれば、クレジットやオンライン上での振り込みに加え、SET方式のデビット決済によるワン・ストップショッピングも可能になる(現状ではクレジットでの決済が一番多く、以下、デビット決済、振り込み)。またショッピングにはエムタウン支店専用のクイックローンも利用することができる。
 エムタウンのサービスを利用するには、会員になり、月額210円の会費を支払う必要がある。この会費がエムタウンの主要な収入源になるが、エムタウン支店に口座を開けば、毎月の会費は無料になる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年5月号の記事