宣伝ではなく、“共感”を大切に商品の世界を楽しめるコンテンツを提供

サントリー(株)

商品ごとに、遊び心あふれるホームページを用意

 充実した内容で、高い人気を博しているサントリー(株)のホームページは、1995年9月のスタート。当初は同社広報部が中心となり、ニュースリリースなどを掲載していたが、96年4月より情報化推進部が運営を担当。広報部、宣伝部など関連部署の社員を集めてインターネット委員会を設置し、製品関連の各事業部門がコンテンツを企画するようリードしてきた。現在はウイスキー、ワイン、ビール、清涼飲料など、それぞれの事業部門がホームページを制作。しかも各部門のほとんどの商品にオリジナル・ホームページがあるという、非常に充実した作りとなっている。
 商品ホームページの内容も単なる商品紹介ではなく、商品のオリジナル壁紙やクイズなど、遊び心あるコンテンツを企画。さらに、ワインの買い方、選び方など、ワイン周りの情報を楽しくまとめた「e-WINE」、サントリーグループ企業の量飲店を1,000件ほどの中から検索できる「グルメガイド」、バーチャルでバーテンダーがお好みのカクテルを作ってくれる「WEB NiGHT BaR」など、商品の宣伝から離れ、純粋に顧客の楽しみを追求したページも数多く揃えている。
 そうした中でも今回注目したいのは、ウイスキーの魅力を紹介する「WHiSKY on the Web」と、ウイスキーの人気商品「無頼派」ホームページ。これらは、B to Cの意見交換を一部公開するなどのかたちで、コミュニティ機能を備えているのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年2月号の記事