顧客視点のコンテンツ提供でファンを醸成。“囲い込まれる”企業を目指す

ライオン(株)

顧客との絆作りの場

 インターネットの黎明期である1996年から自社ホームページを開設し、さまざまな企業情報を発信してきたライオン(株)。同社では、市場競争の激しい現在、「ライオン」という企業のファンを創出することがブランドのファンに、ひいては個々の商品のファン創出につながっていくと考え、2000年2月17日より、企業ホームページとは別に、コミュニティサイト、「クラブライオン」を立ち上げた。
 これに当たって同社では、自社ホームページは「ライオンから顧客に情報を発信する場」、クラブライオンは「顧客との双方向コミュニケーションで絆を深める場」と明確に役割分担を定義。商品のサンプリング・プレゼント、スクリーンセーバを無料でダウンロードできる「バーチャルフラワー」、ライオンに対する意見をライオン側のコメントとともに紹介する「Voice Garden」など、顧客が企業とのコミュニケーションを純粋に楽しめるコンテンツを提供している。試供品を抽選の上、無料で提供する商品サンプリングコーナーでも、感想の返信は顧客の自由。会員登録の際もメールアドレスと自分の好きなID番号のみの入力で登録可能とし、顧客側の心理的な負担を軽減するよう配慮している。一方で、会員になると定期的に新商品情報などのメールを配信するほか、半年に1回ほど商品・試供品をプレゼントする特典を約束。顧客の意志によってメール配信の拒否も可能とするなど、あくまで顧客視点に立った運営を心がけている。
 会員数は2000年12月の時点で3万5,000人。当初は20〜30代の主婦層が中心だったが、インターネットの浸透に比例して年齢層も広がりを見せ、最近は40〜50代の顧客も増加している。

ライオンの自社ホームページ(http://www.lion.co.jp)。会社概要、製品情報をはじめ、幅広いコンテンツを揃えている

ライオンの自社ホームページ(http://www.lion.co.jp)。
会社概要、製品情報をはじめ、幅広いコンテンツを揃えている

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年2月号の記事