Javaによるシステムの導入で営業活動の統合管理を実現

セゾン自動車火災保険(株)

「ごく普通」のドライバーを優遇

 セゾン自動車火災保険(株)の前身である米国オールステート保険会社日本支社は、1979年9月に設立された。1984年10月に現セゾングループ4社の資本参加を得て業界初の日米合弁会社となり、1997年11月にはオールステート社との合弁契約を終了、(株)クレディセゾンを筆頭株主に迎えた。そして1998年4月、社名を現在の「セゾン自動車火災保険(株)」に変更。同年12月には旅行業大手の(株)エイチ・アイ・エスと資本・業務提携を結び、自己資本の増強を図るとともに、事業基盤の拡大に乗り出している。
 同社は他社に先駆け、自動車保険分野で国内損保初のリスク細分型保険「セゾン自動車総合保険(A.P.S)」を1998年12月に発売。「ごく普通のファミリーユースのドライバー」の保険料を最大18%安くすることで差別化を図った。そのほかの新しい試みとしては1999年7月に、日常生活で起こるさまざまなリスクを補償対象とする暮らしの総合保険「あんしんチョイス」を発売している。
 1999年3月期現在の同社の元受正味保険料は160億6,400万円、経常利益は3億3,500万円となっている。

「中途採用」で即戦力を強化

 同社の販売チャネルは大きく分けて営業社員チャネルと代理店チャネルの2つから成る。収入保険料のうち3分の2を営業社員が、残りの3分の1を代理店が取り扱っている。
 同社は設立当初から「お客様に最も身近な損害保険会社であること」をモットーに、営業社員による対面・コンサルティング販売を営業展開の軸に据えてきた。首都圏近郊を中心に拠点を設け、地域に根差した営業活動を実現するため、営業社員はすべて各営業拠点ごとに採用している。
 営業部隊の即戦力の確保に重点を置く同社では、営業社員のほぼ全員が中途採用だ。さらにこれらの営業社員に対しては、入社後4年間にわたって、「ACDP(エージェント・キャリア・ディベロプメント・プログラム)」という初期研修用プログラムに沿った、商品や査定の知識の教育、営業の実践指導を実施。入社後、7カ月目と13カ月目には、各自の業績や経験度、適性に応じた研修を行っている。研修は東京・高田馬場にある「営業教育グループ」が担当している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年5月号の記事