専用線とネットの2本立てで多様な代理店支援を推進

エース損害保険(株)

オンライン販売にも着手

 エース損害火災保険(株)は1999年10月、シグナ傷害火災保険(株)から社名変更された。同社の親会社は、その前身であるAFIAが1920年から日本に進出していた、米国で最初の株式会社組織の保険会社、シグナ・コーポレーション。社名変更は、同社が1999年7月、バミューダに本社を置く損保会社、エース・リミテッドに損害保険事業を譲渡したのにともなうものだ。この譲渡でシグナは今後、ヘルスケアや年金の分野への特化を決め、エースは「損害保険のグローバル・プレーヤー」としての一歩を踏み出した。
 エース損害保険(株)の商品は、元受正味収入保険料の割合でみると、自動車保険が40%、次いで傷害保険が35%と、バランスのとれた保険種目構成になっている。
 販売チャネルは代理店が中心で、登録代理店は4,000店に上る。営業社員は代理店の営業指導の担当者として活動している。
 また、インターネット上で自社商品を販売する電子商取引システムを開発。1999年11月から国内ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)最大手、ニフティ(株)と共同で、@niftyの個人会員向けにオンラインでの損保商品の販売を開始している。

代理店の自立化を支援

 同社はそもそも、1993年に代理店支援システム「WIN(ウィン)」を開発し、有力代理店に導入していた。MS-DOSをベースにしたこのシステムは①保険料の収支明細表への記帳の支援、②毎月末の保険会社との保険料精算の支援、③顧客管理、④契約管理、の4つの機能をもつ。これらの業務の繁雑さに悩んでいた代理店側の要望にこたえたものだ。
 その後1999年8月、Windowsベースの新システム「Stella(ステラ)」の開発に着手し、2000年6月からの導入が決まった。開発にあたっては(1)プロフェッショナルな代理店の自立支援、(2)代理店、同社の双方の業務の効率化と生産性の向上、(3)双方の情報の共有・発信、の3つをコンセプトとした。
 Stellaでは旧システムでの4メニューはもちろん⑤保険料計算、⑥申込書・異動承認請求書の作成、⑦データ転送、⑧モバイル機能の4つの機能を加え、大幅に機能強化を図った。
 自動車保険の場合、保険料は従来、「白タリフ」と呼ばれる保険料表(年齢、車の等級などを基に料率を算出する表で、全損保会社が使う)と電卓があれば、だれでも簡単に計算できた。しかし、昨今の自由化で保険料計算は複雑化。そこでStellaの導入により、保険料計算の効率化を狙ったわけだ。
 第2に、これまで手書きで行っていた申込書の作成等をパソコンで行うことで、代理店側にとっては手作業による申込書等の作成の手間が、保険会社にとっては内容チェックの必要がなくなる。
 第3に、代理店から預かった申込書のデータは従来、ホスト・コンピュータへ保険会社で入力していたが、これをStellaを通じて代理店に移行することで効率化が図れる。これまでのデータ入力のコストを、Stellaを導入する代理店に新たな事務費を払うことで「償還」する意向だ。
 このように、新しい機能をフルに活用することで、保険会社と代理店の双方が効率化を進め、自由化を乗り切ることが、Stellaの推進目的となっている。
 Stellaではヘルプデスクで操作方法の問い合わせやトラブル等の問い合わせを受け付ける。他社との違いは、現行システムもStellaも、問い合わせてきた者とヘルプデスク担当者が同じ画面を見ながら説明できるということだ。どうしても解決できない場合は、ヘルプデスクの側から代理店のパソコンを直接操作することもできる。

【図表1】エース損保が導入する代理店システム

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年5月号の記事