ダイレクトマーケティングによるブランド構築を推進

ノースウエスト航空会社

日本国内での知名度は90%

 米・ノースウエスト航空は、世界80カ国、400都市以上を結ぶ大手航空会社。1947年には、米国の航空会社としてははじめて日本に参入。日米間の運航数の多さでは海外の航空会社のトップを誇り、東京、名古屋、大阪を拠点に、アメリカはもちろん、アジアやミクロネシアにも就航している。また、約10年前からは、KLMオランダ航空など、同業他社とのパートナーシップを強化している。
 同社ではこのたび、アジア・パシフィックの広告会社をブランド戦略で知られるオグルヴィ&メイザーに変更。広告、プロモーション、One to Oneなど、あらゆるマーケティング・コミュニケーションを統合しつつ、ブランド・イメージの強化に乗り出している。
 同社が日本に参入したのは、今を去る52年前のことであり、国内における知名度は、既に約90%にも達している。これにともない、日本国内におけるブランド戦略の重点は、認知度のアップというよりも、イメージの向上にシフトしている。
 同社のブランド・コンセプトは、“Smart Choice”。どこでも行きたい場所に行ける路線の多さ、高い信頼性、手頃な価格、フリークエント・フライヤーズ・プログラム「ワールドパークス」などにより、顧客にとって好ましい価値の提供を推進している。客室の贅沢さでは他社に劣るとの見方もあるが、顧客が航空会社を選択する上で重要なのは、先に述べたようなベーシックなサービスであるというのがその見解だ。
 顧客は若年層やビジネスマンが主体。これらの顧客のニーズに応えるべく、ウェブを活用したチケット販売などにも、同業他社に先駆けて力を入れてきた。

ノースウエスト航空のホームページ。http://www.nwa.co.jp

ノースウエスト航空のホームページ URL:http://www.nwa.co.jp

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年10月号の記事