通信ネットワーク最前線(第53回):業務の集約により全社的な生産性の向上を実現

(株)ジーシー

(株)ジーシーは、1921年に創業した歯科材料と関連機械・器具の製造・販売のリーディング・カンパニー。今回は、全国のディーラーから注文を受け付ける受注センターと、ユーザーからの問い合わせを受け付けるデンタルインフォメーションセンターについて話しを聞いた。

全社的なBPRの一貫として受注・出荷業務を集約

 歯科材料、および関連機械・器具の製造・販売を行う(株)ジーシー。歯科業界のリーディング・カンパニーである同社では、1997年に“2010年Vision”を策定。Visionでは「世界一の歯科企業をめざす」ことを目標とし、それを実現するために顧客志向の実践を重点施策と掲げたGQM(General Quality Management)活動を推進している。
 同社ではコンピュータの2000年問題を機に、世界的に注目を集めているドイツSAP社のERPパッケージソフトR/3を導入して全社的なIT化を推進すると同時に、業務の効率化、スピードアップを図るためにBPR(Business Process Reengineering)に着手。その一貫として、1999年9月に全国8カ所の営業所で行っていた注文受付、および出荷業務を集約。東京・板橋区にある本社内に受注センターを開設するとともに、全国を2分割して東日本と西日本の2カ所に配送センターを開設した。
 最近では患者のデンタルIQが高まりつつあり、歯が悪くなってから歯医者に行くのではなく、予防へと意識が変化してきているという。これに併せて、入れ歯にたとえると、噛めるようにするといった機能の回復だけでなく、見た目も重視するというように患者のニーズも多様化してきた。これにともない、同社の取扱商品が増加。消耗材料だけでも約600種類、これに色や型違いを含めるとその数は約8,000アイテムにもおよぶ。同社では、当初、各営業所を在庫のストック・ポイントとしても活用していたが、これでは在庫の分散化にともなう品切れの発生は避けられない。また、各営業所の在庫スペースに限りがあることから、突発的な大口注文には対応しきれないという問題点もあった。
 またR/3導入前は、1日の業務が終了すると各営業所から受注・出荷情報を本社ホストに伝送。バッチ処理を行い、翌朝、工場がその情報 を受けて生産、一部の仕入商品については発注をかけるという流れで商品の生産・供給を行っていたため、実際に商品が品切れになってからでないと工場への発注ができなかったが、今回のR/3導入によりリアルタイムで在庫状況が把握できるほか、品切れ予測や在庫過多も予測することが可能となった。加えてR/3で、財務・管理会計などの業務もサポート。統合データベースにより、業務間がシームレスにつながり、重複作業の減少を実現した。
 現在R/3は、本社、全国8カ所の営業所、工場のほか、全国8カ所のサービスセンターと関連会社に導入されている。導入に要した期間は約1年半。同社では、企業カラーのグリーンとGlobal Realtime ERP Networkの頭文字を取って「GREENシステム」と名付けた。このGREENシステムは、日経BP社主催の情報システム大賞中規模部門でグランプリを獲得した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年2月号の記事