通信ネットワーク最前線(第15回)

若葉自動車(株) 

今回は、フリーダイヤルと「ナンバー・ディスプレイ」の連動によって顧客サービス向上を実現している名古屋のタクシー会社、若葉自動車(株)にお話をうかがった。

タクシーの配車受付にいち早くフリーダイヤルを導入

 若葉自動車(株)はパチンコ・パーラーをはじめとするパチンコ事業、レストランなどのフードサービス事業、ボーリング場などのスポーツ&アミューズメント事業、ビデオショップなどのコンビニエンスサービス事業と、幅広く事業を展開し、1996年度には計410億円の売上高を記録した琉泊グループ全7社のうちの1社。愛知県名古屋市を中心としたトランスポート事業を担うタクシー会社である。1954年、琉泊グループのスタートとともに設立された同社は、常にグループの中枢にあり、着実に成長を続けてきた。「わかばタクシー」の名称で親しまれ、安全の最優先とスピーディなサービスで、日々お客様の足として活躍している。
 高度情報化社会を迎え、同社のようなサービス業においてもお客様の新しい、なおかつ多様なニーズに対応することが大きな課題として浮上してきた。そこで、同社では、グローバルな視野に立って自社のスタンスを明確にし、お客様の期待を具現化すべく、1989年にCI(コーポレート・アイデンティティ)を導入。
 一方、サービス面では、フリーダイヤルによる配車受付や公衆自動車電話付きタクシーをいち早く導入するなど、積極的に新しいサービスを採り入れて、顧客満足度の向上に努めてきた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年12月号の記事