航空券購入に利用できるeクーポンをオファーにコミュニティサイトへの投稿を促進

全日本空輸(株)

全日本空輸(株)では、Webサイト「ANA SKY WEB」の中でソーシャルメディアと連携したプラットフォーム「Social Sky Park」を運営。航空券の購入に利用できるeクーポンをオファーにTwitter、Facebookを通じた投稿を促進し、双方向型のコミュニケーションを実現している。

双方向型コミュニケーションを目指したソーシャルメディア連携 プラットフォームを開設

 全日本空輸(株)(ANA)では、2011年6月、同社のWebサイト「ANA SKY WEB」の中でソーシャルメディアと連携したプラットフォーム「Social SkyPark」の運営を開始した。
 同社が提供する航空輸送サービスは、中には出張などで頻繁に利用するヘビーユーザーもいるものの、多くの生活者にとっては日常的に利用するサービスではなく、いわば“非日常的”なものだと言える。ちなみに同社のマイレージ会員組織「ANAマイレージクラブ」は2,000万人以上の会員を有するが、同社の航空輸送サービスを年に1回も利用しない会員も少なくない状況だ。
 また、機内サービスなどのソフト面では差異はあるものの、出発地の空港から到着地の空港まで身体や荷物を移動させるという本質的な機能においては、例えば所要時間などはどの企業が提供するサービスにも大きな違いはなく、価格以外の要素で差別化を図ることは難しい。
 そのような状況の中で同社では、生活者が航空輸送サービスを利用する数少ない機会に同社を選択してもらう上で、いかに日常的に同社とのつながりを感じてもらい、また、同社への共感を持ってもらうかが重要であると考えていた。
 そのためのチャネルとして注目されたのが、双方向性の高いコミュニケーションが可能なインターネットである。同社のWebサイト「ANA SKY WEB」は、航空チケットを販売するECサイトという性格が強く、航空チケットに対する具体的な需要が発生した場合にのみサイトを訪れるユーザーが大半であった。また、コミュニケーションについても同社からの情報発信が主であり、ユーザーからの情報発信が行われる場面は極めて限られていた。
 そこで同社が企画したのが、ソーシャルメディアと連携したプラットフォーム「Social Sky Park」である。「Social Sky Park」ではANAマイレージクラブ会員を対象に、同社が提示するさまざまなテーマに関する投稿を募集しており、会員が「Social Sky Park」を通じてTwitter、Facebookに投稿すると、投稿内容が「Social Sky Park」に表示される仕組みになっている。つまり、ANAマイレージクラブ会員の投稿がそのままコンテンツとなるわけで、同社にとってはこれまでにない生活者参加型のインターネット・プラットフォームと言える。
 「Social Sky Park」はANAマイレージクラブ会員の投稿がなければ成立しないプラットフォームであり、その成否は投稿の量に掛かっている。そこで同社が「Social Sky Park」への投稿のオファーとして設定したのが「ANA利用券(e クーポン)」である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年1月号の記事