一人ひとりの知を全社で共有 グループ7,000人で企業理念「hhc(human health care)」を追求

エーザイ(株)

企業理念「hhc(human health care)」をナレッジマネジメントで実現

 医薬品をはじめ、医薬部外品、化粧品など、幅広く事業を展開するエーザイ(株)。東京の本社を中心に、ボストン、ロンドン、筑波の3極を中心とした研究体制と、日本、米国、アジアに生産、および販売拠点をもつグローバル企業である。同社では、その経営の一端を支える組織として「知創部」がナレッジマネジメントを推進している。
 同社の企業理念は「hhc(human health care)」。「患者様と生活者の皆様の喜怒哀楽を考え、そのベネフィット向上を第一義とし、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足する」という意味が込められている。
 この理念は1988年、現在の社長、内藤晴夫氏が社長就任時に提唱したものであり、さらに氏は「一人ひとりが法令と倫理を遵守したビジネス活動を徹底し、いかなる医療システム下においても存在意義のあるヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業」(2000年改定)を目指すとして、就任の翌年、エーザイ・イノベーション(EI)宣言を表明した。当時同社は、医療費抑制、海外企業の日本進出など、製薬業界の環境変化に直面していた。内藤社長は、そうした状況の中から一歩ぬきんでるために、企業理念「hhc」を打ち立て、それを実現すべく社のイノベーションを喚起しようと決意したわけである。
 これにともない、同社は当時からさまざまな試みを実行しはじめている。たとえば「EIマネージャーの育成」。これはエーザイ・イノベーション(EI)を実現するためのリーダーを社内の各組織に育てよう、という試み。具体的には、営業や幹部社員同士が暗黙知(自分の経験など、明文化しにくいビジネス知識)を交換、共有し、自分の組織のビジネスに反映させるというもので、90年から1年間実施した。また「hhc」が形だけの理念とならないよう、社員の病棟実習など「hhcの実践活動」を行ったほか、92年からはお客様対応窓口として「商品情報センター」を設置。顧客の声をデータベース化し、営業本部全員がその情報を共有することを推進している。これらは現在のナレッジクリエーション活動の基本とも言えよう。しかし、当時の体制では、社員の経験や知識を完全に共有できるレベルには達せず、「hhc活動」を効率的に推進していく上では、自ずと限界が見えていた。 
 そこで97年、同社は、理念「hhc」の実現に向けて、より強力にイノベーションを喚起すべく「知創部」を社長直轄下に創設。全社で知を共有し経営を改革するナレッジマネジメントを本格的に開始したのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年12月号の記事