人気キャラクターを使って双方向コミュニケーション

(株)湖池屋 

キャラクターに専用のEメール・アドレス

 (株)湖池屋は、1954年創業。1962年に日本ではじめてポテトチップスの量産化に成功して以来、ポテトチップスをはじめとするスナック菓子の分野で、息の長いヒット商品を数々生み出してきた。顧客に「おいしさ」と「楽しさ」を提供するという理念の下、長く愛される商品作りに力を注ぐ菓子メーカーである。
 同社は、1999年3月、顧客との双方向コミュニケーションを実現するために、スナック菓子「ポリンキー」の人気キャラクター、スリーポリンキーズを起用した「ポリンキーメール」を開始した。
 「ポリンキー」は、1989年に発売されたスナック菓子。現在、「バーベキュー」「あっさりコーン」「梅」の3つの味が販売されている。関東圏では最も売れているポテトチップス「のり塩」、「カラムーチョ」に続く同社の主力商品。発売当初から、ジャン、ポール、ベル(ベルモントから改名)の3人からなるスリーポリンキーズという名のオリジナル・キャラクターを採用し、CMで人気を博した。スリーポリンキーズは、友達同士3人が、劇場で踊りのアルバイトをしながら絵描きを目指すというキャラクター設定。

人気キャラクター、スリーポリンキーズ。左からジャン、ポール、ベルジャンのメールは、jean@polinky.comポールのメールは、paul@polinky.comベルのメールは、bell@polinky.com

人気キャラクター、スリーポリンキーズ。左からジャン、ポール、ベル
ジャンのメールは、jean@polinky.com
ポールのメールは、paul@polinky.com
ベルのメールは、bell@polinky.com

 この人気が高いスリーポリンキーズ・キャラクターそれぞれにメール・アドレスをもたせて、顧客とのEメールの交換を可能にしたのが「ポリンキーメール」。これにより、テレビCMなどでは不可能だった双方向コミュニケーションが実現したのである。
 「ポリンキーメール」のコンセプトは“お客様に喜んでいただくこと”。できるだけ多くの方に楽しんでいただきたいとの観点から、パソコンはもちろん、携帯電話等の携帯型端末からでもEメールが交換できる仕組みにした。
 メール・アドレスは、商品パッケージと同社ホームページで告知。アクセス数は着実に増加しつつある。スタート当初はパソコンからのアクセスが多かったが、8月現在では、パソコンからのアクセスが48.3%、携帯型端末からのアクセスが51.7%と、特に携帯型端末からのアクセスが増加している。
 顧客からのメールは同社企画室のスタッフが受け、対応に当たる。メールの内容は、日常の出来事について、悩みごと、キャラクターへの質問などが多い。がんばりやのジャン、ハンサムなポール、ちょっとドジなベルのそれぞれの性格に応じて、1通1通のメールに返信がされる。メールによるコミュニケーションは、当初、子どもを想定してはいたものの、特に年齢制限を設けていないこともあり、あらゆる年齢にわたっているものと想定される。それぞれのキャラクターに届くEメールの数は拮抗しており、「ポリンキーメール」をはじめたことで、スリーポリンキーズというグループとしてだけではなく、キャラクターそれぞれがファンをつかまえていることが判明した。
 そこで同社では、1999年7月12日からキャラクターひとりひとりをパッケージに印刷した、内容量29g、オープンプライスの「ポリンキージュニア」を全国発売。ジャンに「バーベキュー」、ポールに「あっさりコーン」、ベルに「梅」味を担当させ、スリーポリンキーズをソロで活動させている。

【図表1】ポリンキーメールの推移

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年10月号の記事