暮らしに役立つ「安全・安心」情報を継続的に発信

セコム(株)

セコム(株)では2011年3月、Webサイト内に家庭向け安全・安心総合情報サイト「セコム安心マガジン」を開設。防犯・防災に関する啓蒙を通じて社会的責任を果たすとともに、日常的・継続的な情報発信により、「防犯・防災と言えばセコム」というイメージを一層強化することを目指している。

防犯・防災に関する啓蒙を目的とする家庭向け安全・安心総合情報サイトを運営

 1962(昭和37)年に日本で初めての警備保障会社として創業。現在ではセキュリティを中心に、防災、メディカル、保険、地理情報サービス、情報系事業などを展開し、「社会システム産業」を標榜するセコム(株)。同社では2011年3月、Webサイト内に家庭向け安全・安心総合情報サイト「セコム安心マガジン」を開設した。
 同社では、「セコム・ホームセキュリティ」や「セコム・ホームサービス」など、実際の商品・サービスで「安全・安心」を提供する一方で、2000年代半ばから、子どもや女性、シニア層などの防犯・防災に関連する情報の発信に着手。「子を持つ親の安全委員会」「働く女性の安全委員会」「シニアの安全を考える委員会」など、社員によるさまざまな委員会を設け、セミナーの開催や防犯・防災対策書籍の刊行などと並行して、関連ブログの運営などインターネットを通じた情報発信も手掛けてきた。
 「セコム安心マガジン」は、こうした活動の延長線上で、各委員会が発信するコンテンツの統合・拡充を図ったもの。“安全・安心”の提供をビジネスとする企業として、防犯・防災に関する啓蒙を通じて社会的責任を果たすとともに、日常的・継続的な情報発信を通じて生活者の親近感を醸成することを目指している。これにより「防犯・防災と言えばセコム」というイメージを一層強化し、困った時に同社を一番に想起してもらえるようになることを期待しているのだ。また、同社のWebサイトにおいてはアクセス数の伸びが鈍化しつつあったことから、新たなコンテンツを追加することで再活性化を図る狙いもあった。
 「セコム安心マガジン」を構成するコンテンツは、①月~金曜日の毎日、「安全・安心」にかかわるテーマを取り上げ、独自の視点から情報を発信する安全コラム『月~金フラッシュニュース』、②「シニアの安全を考える委員会」が同社のイメージキャラクターを務める長嶋茂雄氏のインタビュー記事や、シニアのための防犯・防災情報、健康情報、海外での犯罪情報など幅広い情報を紹介する『おとなの安心倶楽部』、③「子を持つ親の安全委員会」が子どもに関する防犯・防災対策情報を発信する『子どもの防犯ブログ』、④「働く女性の安全委員会」が女性ならではの視点と防犯のプロの立場で、主に20~30代の働く女性のライフスタイルから犯罪の実情を分析し、女性の「安全・安心」をサポートする『あんしんライフnavi』、さらには、⑤「安全・安心」にこだわった食の情報を紹介する『こだわりの美食』、⑥役立つ生活術を届ける『暮らしのあんしん百科』など。いずれも同社スタッフが中心となって執筆したオリジナリティに富んだ内容となっている。

1111C21

豊富なコンテンツを揃えた「セコム安心マガジン」のトップページ(左)と、同社の「子を持つ親の安全委員会」が監修した絵本(右)

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年11月号の記事